eJALポイントのメリット・デメリットは?

ポイ活・マイル活動

eJALポイントは、マイルが有効活用できる便利な交換先。

なのですが、必ずしもeJALポイントに交換するだけがマイルの使い道ではありません。

eJALポイントに交換するのってどうなんだろう?

今回は、eJALポイントのメリット・デメリットについてです。

eJALポイントの基本情報についてはこちら
スポンサーリンク

マイルをeJALポイントに換えるのは正解?

eJALポイントは、JALで使える電子マネー。

eJALポイントの説明
eJALポイント

マイルから交換したり、キャンペーンのプレゼントでもらえたりします。

マイルの使い道は、eJALポイントに交換するのってどうなんだろう?ということで、メリット・デメリットについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

eJALポイントに交換するメリットは?

eJALポイントに交換するメリットは、

  • マイルの延命手段として使える
  • マイルの価値をキープ
  • マイルがたまる旅の旅行資金の足しになる

というところかなと思います。

有効期限を迎えるマイルの延命先に使える

まず、マイルの延命措置にできるところかなと思います。

マイルとeJALポイントは使える範囲が異なりますが、JALの飛行機に乗るのに使いたい!という場合は有効期限を延ばせます。

マイルの有効期限は3年です。
マイレージ口座に積算されてから3年経ったマイルは自動消失してしまいます。

eJALポイントに交換すると、eJALマイルの有効期限の1年分、飛行機に使える期間が延びます。

そして、eJALポイントのすごいところは、eJALポイントに交換すると、持っているeJALポイント全体の有効期限が延びます

つまり、JALマイル→eJALポイントに交換して1年経つ前に、eJALポイント交換を行い続ければ、実質有効期限をなくすことができる、ということですね。

JALの飛行機の特典航空券に使いたかったけど、必要マイル数たまらなかったという場合や、有効期限が迫っている端数をどうにかしたいという場合に、eJALポイントはおすすめ。

eJALポイントは、特典航空券より少ないマイル数から交換することができます。

スポンサーリンク

マイルの価値は最大1マイル=1.5円。高価値で利用できる

JALマイル→eJALポイントへの交換は、マイルを金銭価値として高める方法として有効です。

eJALポイントは、1eJALポイント=1円としてJALの支払いで利用することができます。

JALマイル→eJALマイルの交換は、通常だと1マイル=1eJALポイントですが、一気に交換すると交換レートが上がるので、マイルの価値を大きく損なわずに利用することができます。

10,000マイル→15,000eJALポイントになるので、1マイル=1.5円の価値になるということですね。

だいたい1マイル=1円が目安なので、これは優秀です。

少額交換でも1マイル=1eJALポイント=1円なので悪くはありません。

スポンサーリンク

マイルの貯まる旅行資金の足しになる。

eJALポイントで支払ったJALの航空券・ツアーのフライトは、有償で支払った航空券と同じ扱いになります。

なので、eJALポイントを使ったフライトでJALマイルがたまります

JALに乗るならマイルを特典航空券に換えるという方法もありますが、特典航空券の場合はフライトマイルはたまりません。

フライトマイルがたまるということは、フライオンポイント(FOP)もたまります。

なので、JALのステイタスアップやJGCを目指している人には、修行資金としてeJALポイントをためるのはいいと思います。

私もJGCステイタスやJGPステイタスをとる資金の足しにしました。

eJALポイントのみで足りない場合は、クレジットカードで補填して支払うこともできます。

スポンサーリンク

eJALポイントのデメリットは?

eJALポイントは、JMBの特典の1つなので使い道に制約事項があります。

なので、そのあたりがデメリットに感じる場合もあります。

私が思うデメリットは、

  • マイルに戻すことはできない
  • 使う用途が限定的

ところだと思います。

マイルに戻すことはできない。

eJALポイントに交換したら、最後。マイルに戻すことはできません。

eJALポイントの有効期限は1年間なので、1年以内にeJALポイントを使うか、交換してから1年以内にJALマイルからeJALポイントに交換しないと、消失してしまいます。

裏技的な有効期限延長ができるものの、基本の有効期限はマイルよりも短いんですよね。

1年以内にJALのチケット購入やJALのツアー参加する予定がなければ、最小単位でもいいのでeJALポイントに交換しておくことをおすすめします。

ちなみに、コロナの特別対応として、eJALポイントの有効期限が延びています。

とはいえ、既に持っているeJALポイントのうち2022年3月31日~2022年9月30日有効期限のものが延長になるだけで、今交換したeJALポイントが延長される訳ではないのでご注意を。

スポンサーリンク

国内線の場合は、JALビジネスきっぷには使えない

eJALポイントは、チケット・ツアーの支払いに使えるのですが、すべてのチケットの支払いに利用することができません。

まず国内線だと、JALビジネスきっぷには使えません。

JALビジネスきっぷは、2回同じ路線に乗るなら、予約変更OKな割引運賃と結構便利な運賃。

ただ、支払い条件がJALカード決済のみなので、eJALポイントを使うことはできません。

また、eビジネスの予約の支払いにも、eJALポイントは使えません。

eビジネスは、法人向けのサービスなので、個人のJMB会員特典のeJALポイントは使えないということなんだろうなと思っています。

スポンサーリンク

国際線の場合は、海外発券には使えない

国際線でも制約があります。

ただ、こちらは一部の人限定のデメリットかなと思います

eJALポイントは、国際線の場合は日本発の国際線でしか使えません。

そのため、海外発券のチケットでは利用することができません。

海外発券は、海外の空港を出発地として、日本行きのチケットを発券する予約方法。

最近はコロナの影響でほぼ封じられていますが、コストを抑える手段として、修行する人にも人気の方法ですが、eJALポイントは使うことができません。

スポンサーリンク

利用できる人が限られる。本人または、配偶者・二等親以内の親族

また、eJALポイントは使える人が限られます。

eJALポイントを持っている人本人が使うには気にする必要がないですが、友達と旅行に行くときに使おうと思っている場合は要注意。

  • チケット購入の場合は、本人、配偶者、二等親以内の親族
  • ツアーの場合は、本人が代表者の支払い

する場合にしか使えません。

スポンサーリンク

まとめ

eJALポイントのメリット・デメリットについてでした。

eJALポイントを1年以内に使う予定があるなら、マイルの交換先として便利だと思います。

  • 特典航空券に使いたいけど、マイルが足りない
  • マイルやFOPがつくフライトにしたい

場合には、eJALポイントに換えるといいのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました