全国旅行支援が延長!12月20日→27日まで&年明けは割引縮小して再開予定

旅行情報

絶賛稼働中の全国旅行支援。

2022年内の期間延長と2023年の開催見込みが発表されました。

全国旅行支援についてです。

スポンサーリンク

全国旅行支援は、10月11日からスタート。2022年内の利用期間が延長に

全国旅行支援は、10月から新しく始まった旅行キャンペーン。

宿泊を伴う旅行代金・日帰り旅行が割引・旅行先で使えるクーポンがもらえます!

全国旅行支援の概要はこちら。

旅行期間:2022年10月11日(火)~12月20日 → 27日【延長】
予約期間:対応が異なる。キャンペーン開始前でもOKな場合も
利用条件:ワクチン3回接種証明書、またはPCR検査などの陰性証明書の提示
最低旅行代金:あり
対象の旅行:交通付宿泊旅行、宿泊、日帰り旅行

2022年内の利用期間が延長されました!
2022年12月27日宿泊分・28日のチェックアウトまで利用できます。

また、2023年も全国旅行支援が再開する予定です。
詳細な内容は観光庁で検討中ですが、割引率・割引上限額を縮小になる見込みです。

全国旅行支援は、都道府県ごとにアレンジしている部分もあるので、まずここでは標準的な内容について記載します。

スポンサーリンク

割引率は40%、クーポン券は平日3,000円、休日1,000円

全国旅行支援の支援内容は、旅行の代金割引きとクーポン券の付与。

ベースとなる内容はこちらで、都道府県によって変わる部分があります。

支援内容宿のみ予約宿+交通セット予約日帰り旅行
割引率40%40%40%
割引上限額5,000円8,000円5,000円
旅行代金下限額平日:5,000円
休日:2,000円
平日:5,000円
休日:2,000円
平日:5,000円
休日:2,000円
クーポン券平日:3,000円
休日:1,000円
平日:3,000円
休日:1,000円
平日:3,000円
休日:1,000円
  • 宿のみと宿+交通セットでの予約で割引上限額が変わる
  • 平日旅行と休日旅行で、旅行代金の最低料金、クーポン券の額・有効期限が変わる

というところが、ポイントかなと思います。

平日と休日の区別は?

平日と休日の区別は、宿泊旅行と日帰り旅行で変わります。

  • 宿泊旅行の場合は、宿泊日と翌日がともに土曜・日曜・祝日かどうか
  • 日帰り旅行の場合は、旅行日が”土曜・日曜・祝日”かどうか

日帰り旅行の場合は、旅行日に基づくのでわかりやすいですね。

宿泊旅行の場合はちょっとややこしいですが、「土曜日にチェックインする以外の日程は、全て”平日扱い”になる」、と覚えておくとわかりやすいと思います。

1泊あたり宿のみなら12,500円、宿+交通なら20,000円の予約が最大割引き

全国支援の割引率は、40%
ただし、際限なく40%割引が適用になるわけではなく、上限額が設定されていて、

  • 旅行代金の40% または、
  • 割引上限額

のどちらか低い方が割引料金として適用されます。

そのため、割引上限額を超えると自己負担が増えていきます。

割引上限額はというと、予約する旅行の種類によって設定金額が変わります

  • 宿のみの予約は、1泊あたり5,000円
  • 宿+交通セットの予約は、1泊あたり8,000円
  • 日帰り旅行は、1回あたり、5,000円

が割引上限金額となっています。

最大限割引率を高めるなら?ということで、分岐点はどこかというと、

  • 宿のみ・日帰り旅行:1泊あたり 12,500円 の予約
    →5,000円割引で、7,500円負担。
  • 宿+交通:1泊あたり 20,000円 の予約
    →8,000円割引で、12,000円の負担

となります。

最大還元は、平日で宿+交通セットの予約で11,000円

全国旅行支援では、旅行代金の割引のほかに、クーポン券が配布されるので、ここでも少し戻ってきます。

最大還元は、「平日で宿+交通セットの予約」。
1泊につき実質11,000円還元ということになりますね。

自治体の観光キャンペーンと併用する場合は、自治体の割引→全国旅行支援の順で適用

全国旅行支援の他に、各地で独自に観光キャンペーンを行っている市町村がたくさんあります。

割引タイプ、クーポンタイプ、独自プランタイプなどなど

そうした市町村の観光キャンペーンと全国旅行支援と併用できる場合があります。

キャンペーンが併用できるかどうかは、

  • 都道府県側で併用OKとしていること
  • 自治体側で併用OKとしていること

と、双方が併用をOKとしていて、適用できるようになります。

また、自治体側のキャンペーンが割引タイプのキャンペーンだった場合は、「市町村の割引」を適用→「全国旅行支援」を適用という順で割引を行います。

そのため、「市町村の割引」で「全国旅行支援」の下限額を下回ってしまうと、「全国旅行支援」を適用できなくなります。

スポンサーリンク

全国旅行支援を使うには?予約時と旅行時に対応が必要。

全国旅行支援を使う方法です。
「旅行の予約時」と「旅行に行く時」の両方で対応が必要です。

標準的なの代表例を記載していますが、都道府県によって異なる場合があるのでご注意を。

予約時は、全国旅行支援参加している宿泊施設・旅行会社・OTAで予約

まず、予約方法です。
前提として、予約する宿泊施設・旅行会社・OTAが全国旅行支援に参画している必要があります。

OTAというのは、楽天トラベルやじゃらんなどのインターネットの予約サイトのこと。

①宿泊施設で直接予約②旅行会社企画の商品を予約②OTAで予約


宿泊施設の公式WEBや電話予約

店舗・電話・WEBで予約

WEBで予約
宿のみ予約交通付宿泊旅行・日帰り旅行宿のみ予約
割引申請書※を宿泊施設に提出
※紙・STAYNAVIのクーポンなど
全国旅行支援対象商品を予約全国旅行支援クーポンを適用して予約
全国旅行支援割引済みして予約

予約方法のタイプは全国ほぼ共通ですが、割引適用方法が都道府県によって変わります。

各都道府県の全国旅行支援のキャンペーン詳細を確認してください。

旅行時には、本人確認書類とワクチン接種証明・陰性証明の提示

続いて、旅行時。

宿泊施設のチェックイン時や日帰り旅行参加時に、

  • 本人確認できる公的書類
  • ワクチン3回接種証明 または 新型コロナの陰性証明

が必要です。

本人確認書類は、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどが利用できます。

ワクチン接種証明は、コピーや写真でもOKという都道府県が多いです。

陰性証明は、検査方法・検査日などの指定があるので、各都道府県で要件をご確認ください。

修学旅行や、保護者同伴の12歳未満の子供はワクチン接種証明や陰性証明が不要となる場合があります。
都道府県により要件が異なるので、こちらも各都道府県の要件をご確認ください。

スポンサーリンク

全国旅行支援は都道府県ごとにキャンペーン名・実施期間・内容が異なる。

全国旅行支援は、都道府県ごとにキャンペーン名やクーポン名・実施期間が異なります。

実施期間は、

  • ほとんどの都道府県:2022年10月11日~12月20日
  • 東京:2022年10月20日~12月20日
  • 奈良:2022年7月1日~2023年2月28日

奈良県のみ、奈良県の独自キャンペーン「いまなら。キャンペーン2022プラス」を全国旅行支援期間も継続実施します。
全国の旅行者対象で、全国旅行支援よりも割引率が高いです。

北海道・東北エリアの全国旅行支援

都道府県キャンペーン名独自割
独自上乗せ
自治体割
との併用
事前予約日帰り旅行の
クーポン付与
北海道HOKKAIDO LOVE! 割なしOK対象対象
青森青森県おでかけ
キャンペーン【全国版】
なしOK対象対象
岩手いわて旅応援
プロジェクト(第3弾)
なしOK対象対象
宮城みやぎ宿泊割なしOK対象対象
秋田あきたびキャンペーンなしOK対象対象
山形やまがた旅割
キャンペーン
なしOK対象対象
福島福島県「来て。」割なしOK対象対象

関東エリアの全国旅行支援

都道府県キャンペーン名独自割
独自上乗せ
自治体割
との併用
事前予約日帰り旅行の
クーポン付与
茨城いば旅あんしん割なしOK対象対象
栃木いちご一会とちぎ旅なし不明対象対象
群馬愛郷ぐんま全国割なし不明対象不明
埼玉全国版 旅して!埼玉割なし不明対象対象
東京ただいま東京プラス
10月20日~12月20日
なしOK不明対象
神奈川いざ、神奈川!なし不可対象対象

中部エリアの全国旅行支援

都道府県キャンペーン名独自割
独自上乗せ
自治体割
との併用
事前予約日帰り旅行の
クーポン付与
新潟使っ得!
にいがた旅割キャンペーン
なしOK対象対象
富山富山で休もう。
とやま観光キャンペーン
なしOK対象対象
石川いしかわ旅行割なしOK対象対象
福井ふくい de
お得キャンペーン
ありOK対象対象
山梨やまなし
グリーン・ゾーン旅割
なし不明対象対象
長野信州割SPECIALありOKOK対象
岐阜ほっと一息、
ぎふの旅”キャンペーン
なしOK対象対象
愛知いいじゃん、
あいち旅キャンペーン
なしOK対象対象外
三重おいでよ!
みえ旅キャンペーン
なしOK対象対象

近畿エリアの全国旅行支援

都道府県キャンペーン名独自割
独自上乗せ
自治体割
との併用
事前予約日帰り旅行の
クーポン付与
滋賀
全国版
今こそ滋賀を旅しよう!
なしOK対象対象外
京都きょうと魅力再発見
旅プロジェクト
なしOK対象対象
大阪日本中から
大阪いらっしゃい
キャンペーン2022
なし不明対象対象
兵庫ひょうごを旅しよう
キャンペーン ワイド
なし不明対象対象
奈良
いまなら。キャンペーン
2022プラス
※奈良県独自割
2022年7月1日
~2023年2月28日
ありOK対象対象外
和歌山わかやまリフレッシュプラン
Sワイド
なしOK対象対象

中国・四国エリアの全国旅行支援

都道府県キャンペーン名独自割
独自上乗せ
自治体割
との併用
事前予約日帰り旅行の
クーポン付与
鳥取ウェルカニとっとり得々割ありOK対象対象
島根しまね旅キャンペーンなしOK対象対象
岡山おかやまハレ旅応援割ありOK対象対象
広島やっぱ広島じゃ割
(全国旅行支援割)
なしOK対象対象
山口旅々やまぐち割プラスなしOK不明対象
徳島みんなで!徳島旅行割なし不明不明対象
香川新うどん県
泊まってかがわ割
なし不明対象対象
愛媛えひめぐり
みきゃん旅割
なし不明不明対象
高知高知観光トク割
キャンペーン
なしOK対象対象

九州・沖縄エリアの全国旅行支援

都道府県キャンペーン名独自割
独自上乗せ
自治体割
との併用
事前予約日帰り旅行の
クーポン付与
福岡新たな
福岡の避密の旅
なしOK対象対象
佐賀GO!!
佐賀旅キャンペーン
なしOK対象対象
長崎ながさきで
心呼吸の旅キャンペーン
なしOK対象対象
熊本くまもと再発見の旅
(全国版)
ありOK対象対象
大分新しいおおいた旅割
第2弾
なし不明対象対象
宮崎みやざき割なしOK対象対象
鹿児島今こそ鹿児島の旅
(第3弾)
ありOK対象対象
沖縄おきなわ彩発見NEXTなし不明対象対象
スポンサーリンク

発売開始日は都道府県・旅行会社によって異なる。事前予約も対象になる可能性あり

全国旅行支援を適用した旅行商品の予約開始日は、都道府県・旅行会社によって変わります。

また、事前予約がどうなるかは、都道府県と旅行会社各社で対応が分かれそう。

私が持っていた事前予約は、運よく全部対象になりました。

  • 都道府県が事前予約を対象とする
  • 宿泊施設旅行会社が事前予約を対象とする

という両方が揃って、事前予約が全国旅行支援の対象となるようです。

他にも使いそうな旅行会社や予約サイトを調べてみました。

旅行会社・予約サイト商品販売開始予定日対象旅行出発日事前予約の割引
楽天トラベル10月11日10月11日対象
JTB10月11日店舗:10月11日
JTB WEB:10月15日
るるぶ:10月15日
対象
IHG10月11日10月11日対象
じゃらん10月11日10月11日対象
一休.com10月11日10月11日対象
JAL PAK10月11日10月11日ダイナミックパッケージ:対象
イージーホテル:対象外
ANA Traveler’s10月11日10月11日対象
Yahoo!トラベル10月11日10月11日対象
HIS10月14日11月1日対象外
星野リゾート10月11日10月25日対象
各社全国旅行支援の対応

事前予約の割引が全国旅行支援対象となっている旅行会社・予約サイトでも、都道府県や申し込み商品によっては、対象外になる場合があります。

また、事前予約が対象となる都道府県であっても利用した旅行会社・予約サイトによって、対象となる旅行期間が異なる場合があります。

割引適用には諸条件のチェックが必要です。

スポンサーリンク

まとめ

全国旅行支援についてでした。

40%割引なので、ちょっといいお宿にも泊まるチャンスになりそうですね。

今持っている予約は、楽天トラベルとIHGの宿泊予約とJTBの宿+交通セット予約。

キャンペーン開始前の事前予約も対象になるところもありそうなので、動向をチェックしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました