フィリピン航空はどんな航空会社?マイルやステータスは使える?

旅行情報

フィリピン航空についてまとめてみました。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

フィリピン航空とは?フィリピンのナショナル・フラッグシップ・キャリア

フィリピン航空は、フィリピンのナショナル・フラッグシップ・キャリアです。

2019年現在、フィリピンから世界12ヶ国・56都市に就航しています。航空会社コードはPR。

子会社にPALエクスプレスがあります。

フィリピンはたくさんの島が集まった島嶼国家。
ジェット機が離着陸できない小さな島にはPALエクスプレスが就航しているようです。

ざっくり、国際線→フィリピン航空、国内線→PALエクスプレスという棲み分けでしょうか。

日本からは、マニラとセブに直行便が飛んでいます。

マニラ(MNL)ー東京/羽田(HND)、東京/成田(NRT)、大阪/関西(KIX)、新千歳(CTS)、名古屋/中部(NGO)、福岡(FKU)
セブ(CEB)ー東京/成田(NRT)、大阪/関西(KIX)、名古屋/中部(NGO)

新型コロナウイルスの影響により、日本路線は運休していましたが、2020年6月から順次運航再開していたものの、2021年9月4日にアメリカ連邦破産法11条の適用を申請し、経営破綻。

現在、経営再建に向けて対応中です。

評価

フィリピン航空は、スカイトラックスでThe World’s 4-Star Airlinesを受賞しています。

ハブ空港

フィリピン航空のハブ空港は、フィリピンの首都マニラにある、ニノイ・アキノ国際空港(MNL、Ninoy Aquino International Airport)。

4つあるターミナルのうち、フィリピン航空は第2ターミナルを利用。
PALエクスプレスは第3ターミナルを利用。

マニラには2019年に行きました。
第1ターミナルに発着するJALを利用したので、第2ターミナルの雰囲気はわかりませんが、ショップのスタッフさんたちが親しみやすくて長居してしまいました。

アライアンスは非加盟。独自にマイレージ提携やコードシェアを実施

フィリピン航空は航空アライアンスには所属していませんが、独自に各航空会社とコードシェアをしています。

ワンワールド:カタール航空、キャセイパシフィック航空、マレーシア航空
スターアライアンス:ANA、ターキッシュエアラインズ
スカイチーム:チャイナエアライン、ガルーダ・インドネシア航空、ベトナム航空
アライアンス非加盟:エディハド航空、エミレーツ航空
・・・など

アライアンスバラバラです。中東系の航空会社が多いですね。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

マイレージプログラムは「Mabuhay Miles」

マイレージプログラムは、「Mbuhay Miles」(マブハイマイル)。

フィリピン航空のフライト、マイレージ提携航空会社のフライトの搭乗で、Mbuhay Milesにマイル加算できます。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

ANAとの連携状況

フィリピン航空は、日本の航空会社だとANAと提携しています。

提携状況はざっとこんな感じ。

○:コードシェア
〇:特典航空券の相互発券
〇:マイレージ提携
△:上級会員ステータスの相互利用

マイレージは相互にたまる

フィリピン航空とANAはマイレージ提携しています。

それぞれのマイル積算対象の予約クラスであれば、

①ANA(NH便)に乗って、Mabuhay Milesのマイルをためる
②フィリピン航空(PR便)に乗って、ANAマイルをためる

ことができます。

日本在住の方だと、②の方が多いかと思います。

①ANA(NH便)に乗って、Mabuhay Milesのマイルをためる

ANA便に乗ってMabuhay Milesのマイルをためるには、ANAのチェックインカウンターでMabuhay MilesのIDを提示します。

②フィリピン航空(PR便)に乗って、ANAのマイルをためる

フィリピン航空に乗ってANAマイルをためるには、チケット予約時や搭乗手続き時にチェクインカウンターでANAマイレージカードを提示します。

なお、ANAとマイレージ提携会社運航のフライトは、ANAマイレージにマイルはつくけど、プレミアムポイントは加算対象外です。

SFC修行には利用できません。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

会員ステータスはコードシェア便で利用可能

ANAとコードシェアしている便であれば、フィリピン航空の便でもANAのステータスも利用できます。

使えるサービスはスターアライアンス便利用時より限定的になります。

フィリピン航空は乗ったことないですが、同じくANAの提携航空会社であるベトナム航空を利用した際は、ANAとのコードシェア区間でステータスを利用できました。

経営破綻の影響は?

経営破綻してしまったものの、運航は継続しているので、現時点での利用者への影響は少ないです。

既に購入済みの航空券、特典航空券は有効、マブハイマイルも有効です。

ただし、今後路線整理やサービス内容の見直しにより、変更になる可能性はあります。

気になる日本路線は、中国路線とともに収益が高い路線なので、今のところ維持する方針のようです。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

まとめ

フィリピン航空について、ざっとまとめてみました。

フィリピン航空はアライアンスには加盟していませんが、ANAと独自にマイル提携を行っているので、利用便によってはANAマイルがたまり、ANAのステータスを活かすことができます。

ポイントはANAとコードシェアしている路線かどうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました