モバイルバッテリーが手荷物検査で引っかかった?持ち込ない原因や対処方法は?

旅ログ

スマホとセットでもはや携帯必需品のモバイルバッテリー。

当然、旅行でもモバイルバッテリーを持って行く人が多いと思うのですが、飛行機旅の場合は要注意。

意図せずして、保安検査で引っかかってしまうことがあります。

先日の旅行で、父のモバイルバッテリーが引っかかってしまいました。。

なんとか飛行機が飛ぶ前に、車に置いてこれたのでよかったのですが、ちょっとヒヤッとしました。

というわけで、飛行機旅行でモバイルバッテリーを持って行く際に注意することと保安検査で引っかかってしまった場合どうしたらいいかについてまとめておここうと思います。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーが手荷物検査で引っかかったお話

まず前提として、基本的にはモバイルバッテリーは、

  • 機内持ち込みOK
  • 預け荷物NG

というアイテムです。

手荷物検査でカバンやポケットから出して検査を通過すれば、機内に持ち込むことができます。

ポーチやケースに入っている場合は、本体が保安検査官に見えるようにトレイに直接出して、検査台に出しましょう。

ただし、一部のモバイルバッテリーはこの手荷物検査で引っかかり、機内に持ち込めない場合があります。

スポンサーリンク

手荷物検査でNGのモバイルバッテリーとは?

手荷物検査でNGのモバイルバッテリーは、こちら。

  • 航空会社の持ち込み規定を超える容量のモバイルバッテリー
  • 容量記載のないモバイルバッテリー

これらのモバイルバッテリーは、機内持ち込みも預け荷物でも持ち込むことができません。

初めに伝えておくと、モバイルバッテリー本体に容量記載さえあれば、

スマホ・タブレットの充電用のモバイルバッテリーはたいてい持ち込むことはできます。

具体的なモバイルバッテリーの条件を見てきましょう。

航空会社の持ち込み規定を超える容量のモバイルバッテリー

まず、航空会社の持ち込み規定をオーバーするモバイルバッテリーについて。

機内に持ち込むことができるモバイルバッテリーは、バッテリー容量と個数で制限があります。

JALやANAのWebサイトの容量規定を見ると、どちらも共通して

  • 160Whを超えるものは、1個でもダメ。
  • 101Wh~160Wh以下のものは、2個目以降はダメ。

となっていました。

Wh(ワット時定格量)って?

Wh(ワット時定格量)という単位は、あんまり見慣れないですよね。

モバイルバッテリー本体や商品説明などでは、mAhという単位で書かれていると思います。

WhもmAhもどちらも、バッテリーの容量を示す単位で、
Whはバッテリーが出せる消費電力量、mAhはバッテリーの放電容量と、単位のアプローチが違います。

Whをよく目にするmAhの単位にすると、

  • ワット時定格量(Wh)= 定格定量(Ah)× 定格電圧(V)
  • 1Ah=1,000mAh

なので、

「mAh = ワット時定格量(Wh) ÷ 定格電圧(V)」で、計算することができます。

定格電圧は、電池の種類によって異なるのですが、モバイルバッテリーによく使われている電池は、リチウムイオン電池

リチウムイオン電池の定格電圧は3.7Vです。

スマホ充電用のモバイルバッテリーならたいてい容量オーバーにはならない

つまり、リチウムイオン電池のモバイルバッテリーなら

  • 27,000mAhまでなら個数制限なし
  • 43,000mAhまでのモバイルバッテリーなら1個

機内に持ち込めるということになります。

27,000mAhというと、スマホ3回くらいはフル充電できるくらいの容量。

なので、「よくスマホ1、2回充電できます!」というタイプのリチウムイオン電池を使ったモバイルバッテリーなら、容量記載さえちゃんとしていれば保安検査は問題なく通過・機内に持ち込める、ということになります。

リチウムイオン電池以外の場合は、定格電圧が異なるので持ち込める容量が前後します。

表記を確認してください。

容量記載のないモバイルバッテリー

どちらかと言うと注意すべきは、容量記載のないモバイルバッテリー

容量記載がないモバイルバッテリーは、実際の容量がなんであれ、保安検査で持ち込みNGになります。

父がひっかかったのも、容量記載がないモバイルバッテリーでした

ノベルティでもらったモバイルバッテリーや古いモバイルバッテリーには、デザインや経年劣化で容量の記載がない・印字消えてしまっているものがあります。

出発前に自分のモバイルバッテリーの容量、印字を再チェックしてくださいね!

スポンサーリンク

保安検査で引っかかったらどうする?

モバイルバッテリーのほか、保安検査で引っかかった物品は、どうするかというと、

  • 検査で引っかかった物をその場で廃棄して、飛行機に乗る
  • 保安検査を1度出て、セキュリティエリア外で保管してから、飛行機に乗る
    →主な手段は、空港のコインロッカー(有料)に預ける

のどちらにするかを、保安検査場のその場で決めることになります。

ルールなので、ごねても持ち込めないことに変わりません。

諦めて捨てるか、どうにかして捨てないようにするか、という2択ですね。

スポンサーリンク

その場で廃棄する

  • 搭乗まで時間がない場合
  • 出発空港に戻ってこない場合

は廃棄するしかありません。

保安検査官の方に廃棄する旨を伝えて、搭乗ゲートに向かいましょう。

モバイルバッテリーの場合は、ケーブル類やアダプターなどを一緒にまとめている事が多いと思います。

モバイルバッテリー本体以外の検査に通った物は持ち込めるので、付属品を一緒に渡していないか再チェックしてくださいね。

スポンサーリンク

保安検査を1度出て、セキュリティエリア外で保管する

思い入れがあるものや普段の生活でも使う物だと、廃棄はしづらいですよね。

搭乗までに時間に余裕があるなら、1度保安検査を出てセキュリティエリア外で保管するという手段もとれます。

保管方法としては、

  • コインロッカーや手荷物預かりに預ける
  • 見送りの人がいる場合は託す
  • 車で空港に来た場合は駐車場まで置きにいく

など。

私たちは車で来ていたのとまだ時間もあったので、父だけ車に置きに戻りました。

誰でも使いやすいのはコインロッカーです。

保安検査やインフォメーションの方にコインロッカーに預け入れたいと相談するとコインロッカーの場所も教えてくれます。

空港のコインロッカーはだいたいどこも1日単位でお金がかかるので、購入値段や購入回数・使用度と相談してもいいと思います。

セントレアの場合は、小さいロッカーは1日300円、大きいロッカーは1日600円です。

個人的にはまだ使えるモバイルバッテリーなら、3日ほどで出発空港に戻ってくるならコインロッカーでもいいかなと思います。

同行者がいる場合は、荷物を託して待ち合わせを決めておくとスムーズ

保安検査外に出る場合は、再度セキュリティエリアに入る時に保安検査を受け直しになります。

そのため、同行者がいる場合は、

  • 再検査を少なくするため、荷物をできる限り同行者に預けておく
  • 待ち合わせ場所を決めておく

と、合流がスムーズです。

父が持っている物を
・車のキー

・スマホ

・搭乗用のICカード

・サイフ

の入ったカバンだけにして、先に飛行機に乗っているといって送り出しました

国内なので電話・LINEなど後から連絡は取れると思うので、待ち合わせは厳密に決めておく必要はありません。

が、搭乗開始したら同行者は先に乗っているのか、ゲート前で待っているのかなど決めておくといいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ちょっと注意したいモバイルバッテリーの機内持ち込みについてでした。

持って行くモバイルバッテリーの容量と個数を出発前に要チェック。

よっぽど大容量のモバイルバッテリーでない限り、本体にバッテリー容量の記載があれば、機内に持ち込むことはできます

問題は、容量記載がないモバイルバッテリー。

保安検査で引っかかってしまった場合は、搭乗までに時間があるなら、セキュリティエリア外に出て、コインロッカーに預けに行くこともできます。

お金がかかりますし、搭乗前に慌ただしくなりますが、帰りの飛行機だと廃棄するしか手段が残されていないことがほとんど。

行きの飛行機で分かってよかった、、と前向きに捉えてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました