シンガポール航空は機内WiFiが無料!KrisFlyerの登録をお忘れなく! | 今日もどこかに旅したい

シンガポール航空は機内WiFiが無料!KrisFlyerの登録をお忘れなく!

シンガポール航空のシートポケットに入っている機内WiFiの接続案内 旅行情報

シンガポール航空の機内無料WiFiについてです。

KrisFlyerなら、無料で使えちゃいます!

2024年3月搭乗時の情報を元に記載しています

スポンサーリンク

シンガポール航空のマイレージ会員は機内WiFiが無料。

シンガポール航空のすごいなぁと思うところは、マイレージ会員なら無料で機内WiFiが利用できること。

シンガポール航空の機内無料WiFiは、

・安定飛行開始後から着陸態勢までWiFi利用OK
・接続時にログイン操作が必要
・接続時間に制限なし

というもので、爆速と言うことはないですが、なかなか国際線で機内無料WiFiを無制限で提供している航空会社は少ないのでとても貴重です。

ただし全ての人が無料で機内WiFiを利用できる訳ではなく、

・ビジネススイート
・ビジネス
・PPS Club会員
・KrisFlyer会員(=シンガポール航空のマイレージ会員)

であれば、無料で利用OKとなっています。

つまり、シンガポール航空のマイレージ「KrisFlyer/クリスフライヤー」会員になっていれば、席クラスに関わらず無料でWiFi利用できる、ということですね。

ということで、シンガポール航空に乗るなら、KrisFlyerの登録がマストです。
もちろん、KrisFlyerの登録は無料。年会費もかかりません。

あらかじめKrisFlyerに登録して予約と紐づけておきましょう
忘れてしまった場合でも、機内でKrisFlyerに登録できます!

スポンサーリンク

エコノミー・プレエコで機内WiFiを無料で利用するには、事前に予約とKrisFlyerの登録が必要

シングなポール航空のエコノミー・プレエコの搭乗者が、機内無料WiFiを利用するには、KrisFlyerと予約情報の紐づけが必要です。

あらかじめ搭乗前にKrisFlyerに登録しておきましょう

KrisFlyerと予約情報と紐づけ方法は2つあって、

・自分でWebやアプリで紐付ける場合は、搭乗の1.5時間前まで
・チェックインカウンターで紐付ける場合は、搭乗手続き終了までの間

と、リミットがあります。

Webやアプリから紐付ける場合は、[Manage Booking]メニューから、対象の予約情報を開いて、マイレージ情報を編集して、KrisFlyerの情報を入力します。

ほとんどの場合、シンガポール航空のマイルにつけるとなると思うのですが、マイラーの場合はいろんなパターンがあると思うので、いくつか挙げてみました。

シンガポール航空にマイルを加算するとき

シンガポール航空にマイルを加算するときは簡単。

1番ストレートなタイプです

自分でWebやアプリで登録する場合は、予約時やオンラインチェックイン時にフリークエントフライヤー情報にKrisFlyerの情報を入力すればOK。

[Manage Booking]から、マイレージ情報を編集して、KrisFlyerの情報を入力します。

シンガポール航空でシンガポール航空にマイル加算・機内WiFiを使う場合
シンガポール航空にマイル加算・機内WiFiを使う場合

シンガポール航空にマイルを付ける場合は、予約時やそれ以降などオンラインチェックインのタイミング以外でもエラーにはならず、いつでも入力ができました。

チェックインカウンターで搭乗手続き時にマイレージ登録する場合は、「シンガポール航空にマイルを加算したい」と伝えて、KrisFlyer番号がわかるものを提示すればOKです。

スポンサーリンク

他の航空会社にマイルを加算するけど、機内WiFiを使いたいとき

「機内WiFiを使いたいけど、マイルは他の航空会社につけたい」という時は、ワンクッション必要。

例えば、ANAマイルをためたいけど、WiFiは使いたい、というときですね

自分でオンランチェックインの画面で指定する場合は、Webで[Manage Booking]から、オンラインチェックイン画面を開きます。

アプリだと「他の航空会社にマイルを付ける」というメニューが出て来ませんでした。

シンガポール航空でANAにマイル加算しつつ、機内WiFiを使う場合
シンガポール航空でANAにマイル加算しつつ、機内WiFiを使う場合

Webでオンランチェックイン画面を開いたら、
・フリークエントフライヤー情報欄にKrisFlyerの情報を入力する
・「I want to earn miles on another frequent flyer programe」にチェックを入れて、マイルを付けたい航空会社を選択・マイレージ情報を入力する

とすればOK。

SFCステイタスなので、スターアライアンスゴールドステイタス表示になりました。

シンガポール航空の予約にANAのステイタス反映
ANAのステイタス反映

ただ、荷物の欄を見ると「25kg表記」のままになっているので、完全連携はしていないのかもしれません。(本来だと、スターアライアンスゴールドだと、25kg+20kgまでOK)

チェックインカウンターで依頼する場合は、

・「機内でWiFiを使いたい。マイルは他の航空会社につけたい」とスタッフに伝える
・KrisFlyerと付けたい航空会社のマイレージ情報が分かるものを提示する

という方法でも大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

シンガポール航空にマイルをつけて、ANAのステイタスを使う場合

ANAのステイタスだけ使って、マイル加算とWiFi利用はシンガポール航空、ということも一応できました。

・オンラインチェックインでは、フリークエントフライヤー情報にはKrisFlyerのみ
・搭乗当日チェックインカウンターで、ANAのステイタスを提示して手続き
 「マイルはシンガポール航空で」とスタッフに依頼

とすることで、クリアできました。

チェックインカウンターでまるっとスタッフさんに相談でも大丈夫かなと思います。

スポンサーリンク

機内で接続作業が必要

機内無料WiFiは、飛行機に乗り込んだらすぐに使えません。

・飛行機が安定飛行に入ったら、WiFi提供開始
・ログイン作業が必要

となっています。

座席の電源も安定飛行になるまで使えません
上空で最初のシートベルトサインが消えるまで、しばらく待ちましょう
機内モードにするのをお忘れなく

ログインに必要なものはこちら。

必要なもの

・メールアドレス
・名字 ※アルファベット
・座席番号

メールアドレスは、KrisFlyer登録のアドレスでなくても大丈夫なようです。

スマホやタブレット、PCなど、デバイスがいくつかある場合に同じメールアドレスだと、接続しやすいようになっているようです

接続方法は、座席のシートポケットに入っているWiFi案内にも詳しく書かれています。

シンガポール航空のシートポケットに入っている機内WiFiの接続案内
機内WiFiの接続案内

簡単に接続したときの手順を
Androidの画面なので、機種によっては多少異なると思います

安定飛行に入ったら、スマホやPCの機内モードはオンにしたまま、WiFiをオンにします。

シンガポール航空の機内WiFiの接続手順
機内モード:オン、WiFi:オン、KrisWorld選択

表示されたWiFiの一覧の中から、「KrisWorld」を選んで接続します。

「KrsiWorld」に接続すると、「KrisWorldにログイン」という画面でURLが表示されます。

シンガポール航空の機内WiFiの接続手順
指定のURLをブラウザで開く

「指定のURLのページを開いてね」とあるので、[Copy Link]ボタンを押して、ブラウザ(ChromeやSafariなど)を開きます。

ブラウザの検索バーに貼り付けをすると、URLが貼り付けられるので、[OK]を押して進みます。

URLが開くと、「Connect to the Internet」というページが開きます。

Connect to the Internet」の下に、「Complimentary WiFi」という項目があります。
この「Complimentary WiFi」を押すと、入力欄が表示されます。

シンガポール航空の機内WiFiの接続手順
Complimentary WiFiに情報を入力

入力欄には、

①Email Address:自分のメールアドレス
②Last Name:アルファベット名字
③Seat Number:席番号

を入力して、「I consent to the Privacy Policy」のチェックボックスにチェックをいれて、[CONNECT]ボタンを押します。

You are now connected」とメッセージが表示されれば、WiFi接続完了です。

シンガポール航空の機内WiFiの接続手順
WiFi接続完了

これでインターネットが利用できるようになっているはずです。

飛行機が着陸態勢に入るまで、WiFiを利用できますよ!

爆速!というほどではないですが、ネット検索やGoogleMap検索、Line、Twitter、instagramなどはサクサク使えました。

スポンサーリンク

まとめ

シンガポール航空の機内WiFiについてでした。

シンガポール航空搭乗前に、KrisFlyerの登録をお忘れなく。
ANAよりもKrisFlyerにマイルを付けた方が加算率がいいことが多いですが、ANAにマイルを付けた場合、ANAのステイタスを使う場合もKrisFlyerであれば、機内WiFiを利用できます。

ネットもいいですが、シンガポール航空は、機内エンターテイメントも充実しているので、フライト時間を楽しめます!

コメント