モバイルバッテリーを新調。「Anker PowerCore Slim 10000」 | 今日もどこかに旅したい

モバイルバッテリーを新調。「Anker PowerCore Slim 10000」

旅のアイテム

「Anker PowerCore Slim 10000」を購入したので、開封&使用レビュー。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

「Anker PowerCore Slim 10000」

最近モバイルバッテリーをフル充電しても、スマホへの充電速度が遅かったり、ランプ表示と充電率が一致しなくなってきたので、モバイルバッテリーを新しく購入。

  • スマホを1.5回くらい充電できるくらいの容量=10,000mAhくらい?
  • コンパクト型で重たくないもの
  • できれば出力は2ポート

でモバイルバッテリーを探していて、今回は、Ankerのモバイルバッテリー「PowerCore Slim 10000」にしてみました。

「Anker PowerCore Slim 10000」仕様

Anker PowerCore Slim 10000の仕様はこちら。

容量:10,000mAh
サイズ:約149 x 68 x 14 mm
色:黒と白の2種類
重さ:約206g
入力:5V=2A 2ポート(USBタイプC・B)
出力:5V=2.4A 1ポート(USBタイプA)

容量は、10,000mAHで急速充電できるタイプ。
もちろん機内持ち込みもOK。

手が小さいので、スマホに充電するときにスマホと重ねて持てそうな大きさで、ちょっと重めのスマホくらいの重量なら許容かなぁという感じで選びました。

自分のスマホがXperia 5Ⅲなのでほぼ縦横サイズは同じ。

ちょっと不満なのは、なぜか入力ポートが2つで、出力ポートが1つということ。

スマホのバッテリー容量を5,000mAh超えと間違えていていたので(実は4,500mAhだった)、モバイルバッテリーは10,000mAhくらい必要!と容量優先にしてしまいましたが、出力ポート数重視にしてもよかったかなと思いました。

購入してからcheeroのポート数多い同容量のモバイルバッテリーを見つけてちょっとショック。。

[広告・PR]
スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

「Anker PowerCore Slim 10000」を開封

今回は、楽天のAnker公式ショップで購入しました。

楽天マラソン終了間際の夜中にポチって、2,3日ほどで到着。
封筒で届きました。

封筒の中は箱1つ。
開けてみると外箱ミチミチでモバイルバッテリーと紙の箱が入っていました。
ちょっと開けにくかったですが、ガタガタ動くと故障の原因にもなるからかもですね。

箱の中身は、

  • モバイルバッテリー本体
  • 充電用のタイプBのケーブル
  • 取扱説明書

のシンプルなセットでした。

充電ケーブル、どうせならタイプCでつけてほしかったな。

モバイルバッテリー本体はこちら。

表面はマットな加工で、チェック模様になっています。
高級感がありますね。

モバイルバッテリー単体で見るとちょっと大きいかなと思いましたが、スマホと重ねて持った感じそれほどでもないかなというところ。

そして薄いですね。
スマホよりは厚みはありますが、持っているCheeroのものと比べるとかなり薄くなりました。

裏側の表面は、チェック柄ではなく無地。

持ち込み規定容量をクリアしているのと電池容量が明記されているのとで、飛行機機内への持ち込みもOKです。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

使ってみた感想

2023年1月に購入してから、旅行やお出かけで使ってみました。

モバイルバッテリーは、充電時に必要なケーブルやUSBコンセントと一緒にポーチに入れています。

先代のモバイルバッテリーを入れていたポーチだと、バッテリーのサイズが大きくなった分、ポーチ内の収まりが悪くなってしまったので、一回り大きいポーチに引っ越ししました。

よかったところは、

  • ケーブルを挿すと、バッテリーの電源を押さなくても充電スタートする
  • スマホ2回分程度は充電できる
  • 充電スピードが早い
  • 国際線・国内線ともに、持ち込みできた

と、以前使っていたモバイルバッテリーより、スマホの充電に困ったときにすぐに対処できるようになりました。

特に、機器とケーブル接続すると充電がスタートするのが、楽ちんです。

ケーブルにはあまりよくないかもしれないですが、バッテリーとケーブルをつないで、ポーチからケーブルが少し出るように収納しておけば、充電したくなった時にケーブルを機器につなげば充電が始まるので、急いでいるときに便利です。

いまいちだったところは、

  • ケーブルが外れやすい
  • 充電中、スマホが暑くなる
  • 充電に時間がかかる
  • 2人同時には充電できない

スマホやケーブルとの相性もあるのでしょうが、充電ケーブルをさしたと思っても外れていることがたまにあります。
しっかり差し込みが必要です。

また、充電中、スマホが結構発熱します。
モバイルバッテリー充電中、何度か「スマホの温度が高くなったので、アプリを終了します」といわれました。

使用スマホがXperiaなので、もともと発熱しやすい子なのと、モバイルバッテリーで充電するときは、屋外・移動中の時が多いので、外気温の影響の可能性もあるかなぁと思っています。

分かっていたことではありますが、充電ポートが1しかないので、1機器しか充電できません。

旅行中、同行者も大抵同じタイミングでスマホの充電不足に陥るので、やっぱり思ってしまうのは、入力ポートを1つにして、出力ポートを2つにして欲しかったなぁというところ。

ただ、充電スピードは速いので、ある程度充電したら次の人に渡す、という感じで使えます。
かえって、1つしか機器がつなげないことで、複数台充電より結果としては回復が早くなったかもしれませんね。

難点はありますが、致命的なことはなく、以前より充電パワーはアップしてよかったかなと思います。

[広告・PR]
スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

まとめ

「Anker PowerCore Slim 10000」についてでした。

10,000mAhのモバイルバッテリーの中では、薄型&軽量なタイプだと思います。

出力ポートが少ないので、機器が多い人には不向き。

「Anker PowerCore Slim 10000」を購入した後に、ちょっとだけ大きくて重いけど3ポート出力あってからバリエーション豊富な「cheero Bloom 10000mAh」を見つけてしまったので、ちょっとショック。。

[広告・PR]

「Anker PowerCore Slim 10000」を使ってみてポート数が足りないと感じたら、こちらに乗り換えもいいかなぁと思いました。

コメント