【ANA】2023年3月末に「SKIPサービス」は終了。保安検査直行するならオンラインチェックインに

旅行情報

2023年3月末でANAのスキップサービスが終了いました。

2023年4月からANAカードでは搭乗できません

SKIPサービスの内容と使い方、後継サービスについてです。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

ANAの「SKIPサービス」とは?

ANAの「SKIPサービス」は、2023年3月31日でサービスを終了したANA国内線の搭乗方法の1つ。

ANAの「スキップサービス」(ANAのWebサイトより引用)

一定条件を満たしていれば、チェックインカウンターに進まず、すぐに保安検査に進める、というサービスでした。

2023年4月以降もチェックインカウンターをスルーしたい場合は「オンラインチェックイン」を使う必要があります

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

2023年3月末でSKIPサービスは終了。「オンラインチェックイン」に移行

「オンラインチェックイン」は、2020年から国内線に導入された仕組み。

ANA オンラインチェックイン

「オンラインチェックインサービス」は、「SKIPサービス」同様、一定の条件をクリアしていれば、チェックインカウンターに立ち寄らなくても、そのまま保安検査に進めるというサービスです。

「オンラインチェックインサービス」を利用できる一定の条件というのは、

  • オンラインチェックイン済みであること
  • 預け荷物がないこと
  • チェックインカウンターで確認が必要な運賃でないこと
  • 搭乗サポートが必要でないこと
  • 搭乗券となるQRコードを持っていること

というもの。旧・SKIPサービスとほぼ同じです。

「SKIPサービス」と大きく違うのは、「オンラインチェックインが必要になること」と「搭乗券はQRコードのみ。ICカードが使えなくなること」です。

ANAカードで搭乗している人は、乗り方を変える必要があります

オンラインチェックインを搭乗の24時間前に行う

まず、オンラインチェクインが必要になります。

オンラインチェックインは、搭乗便出発の24時間前から、「ANAのWebサイト」、「ANAアプリ」から手続きできるようになります。

搭乗券の発券が必要

オンラインチェックイン後、搭乗券の発券が必要になります。

「ANAアプリ」を使っている人はワンタップ登録で、アプリが搭乗券代わりになります。

使っていない場合は、メールから搭乗券のQRコードをダウンロードしたり、紙印刷したりする必要があります。

スマホにANAアプリをいれておくのが無難

オンラインチェックインサービスを使う場合は、保安検査に直接行きたい人は、ANAアプリをスマホに入れておくのがよいと思います。

一応、ANAのWebサイトでチェックインする→紙に印刷したり、メールからダウンロードしたQRコードを搭乗券として使うという方法で、スマホにANAアプリがなくても搭乗はできると思います。

既にオンラインチェックインサービスで乗ることもできるので、SKIPサービス終了前から慣れておくのがよさそうです。

ANAアプリがあれば、そんなに手間ではないかなと思います。

オンラインチェックインについての記事はこちら

預け荷物なし・機内持ち込み荷物のみにする

持ち込み許容サイズ・数量を超える場合は、チェックインカウンターや手荷物受付で預ける必要があるので、保安検査には直行できません。

羽田・伊丹・新千歳・福岡・那覇限定ですが、SKIPサービスが利用できる状態になっていれば、「ANA BAGGAGE DROP」を使うことができます。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

まとめ

SKIPサービスの内容や使い方と後継サービスについてでした。

SKIPサービスは、身軽で、飛行機慣れしている人向けのサービスで、保安検査に直行できるので便利だったのですが、2023年3月末で終了しました。

2023年4月からは、「オンラインチェックインサービス」を使う必要があります。

SKIPサービス&ANAカードで乗っていた身としては不便になると思っていたのですが、ANAアプリがあればオンラインチェックインサービスでもそんなにめんどくさくはないです。

オンラインチェックインについての記事はこちら

スマホを持っていない人は、紙でチケット印刷していたり、従来通りチェックインカウンターに寄って手続きすれば、飛行機に乗ることができます。

コメント