ANAのオンラインチェックイン、ANAアプリがあればそんなに手間ではないかも。

旅行情報

「ANAのSKIPサービスがなくなる!」ということで、チェックインカウンターをスルーできる「オンラインチェックイン」について調べてみました。

先日ANA便に乗る前にANAアプリを入れてから乗ってきました。

車いすサポートが必要な家族が一緒だったので、実際にはオンラインチェックイン機能やANAアプリでの搭乗機能は使わなかったのですが、ANAアプリでオンラインチェックイン手続きを見た感じ、思っていたより手間はかからないかなと思います。

今ならオンラインチェックインでマイルが当たるキャンペーンが開催中です。

ANAのオンラインチェックインについてです。

スポンサーリンク

ANAのオンラインチェックインとは?

「ANAのオンラインチェックイン」とは、ANA便に乗る人が事前に搭乗便・座席などを確認して、搭乗券を発券する手続きのこと。

何がいいかというと、チェックインカウンターによらずに、そのまま保安検査に進むことができます!

オンラインチェックインをしておくと、何がいいかというと

  • 預け荷物がないこと
  • チェックインカウンターで確認が必要な運賃でないこと
  • 搭乗サポートが必要でないこと
  • 搭乗券となるQRコードを持っていること

などなど、条件はありますが、チェックインカウンターによらずに、スピーディーに保安検査に直行することができます。

今ならオンラインチェックインでマイルが当たるキャンペーンも実施中です!

スポンサーリンク

SKIPサービスが2023年3月末で廃止されて、オンラインチェックインに一本化

チェックインカウンターへよらずに、そのまま保安検査に進めるサービスといえば、「SKIPサービス」。

SKIPサービスは、事前に座席指定しておけばANAカードやモバイル搭乗券で乗れるサービスなのですが、2023年3月末でSKIPサービスは廃止、ということが決まりました。

ということで、2023年4月以降、チェックインカウンターをスルーして保安検査に直行したい場合は、搭乗の24時間前にオンラインチェックインが必要になります。

これまでSKIPサービスを使っていた人は、オンラインチェックインに切り替えということですね!

2023年3月末まではSKIPサービスも使える。オンラインチェックインは必須ではない

現在は過渡期で、まだSKIP搭乗でも保安検査に直行&ANA便に搭乗できます。

また、2023年4月以降もチェックインカウンターをスルーしない場合は、オンラインチェックインは必須ではありません

私自身「オンラインチェックインってめんどくさそう」と思っていたのと、スマホの容量がパンパンでANAアプリを使っていなかったので、SKIPサービスを使っていました。

が、今のうちに慣れておいた方がいいかなぁということで、先日ANA便に乗る時にANAアプリでオンラインチェックインを使ってみることにしました。

が、初めに言っとおくと、今回はオンラインチェックインを使えない搭乗だったので、途中までしか体験できませんでした。

スポンサーリンク

ANAのオンラインチェックインは、ANAアプリとANAのWebサイトから手続きOK。おすすめはANAアプリ

ANAのオンラインチェックインは、

から行うことができます。

オンラインチェックインに必要なのは、ANAのチケット購入やANAトラベラーズのツアー予約時の

  • ANAマイレージ番号
  • 予約番号

のどちらか。

おすすめは、ANAアプリ&ANAマイレージ番号でのログイン!

スマホにANAアプリをいれておくと、

  • アプリがそのまま搭乗券になる
  • 搭乗案内が表示される

と、Webサイトでオンラインチェックイン手続きするよりも、ANAアプリの方が楽ちん・便利!だと思います。

ANAマイレージ番号を持っていない人や、チケット購入時やツアー予約時にANAマイレージ番号を登録していない場合は、予約番号を使えば、ANAアプリ&ANAのWebサイトからオンラインチェックインできます。

ANAアプリをインストールして、ANAマイレージ番号でログインする

ANAアプリをスマホにインストールしていない人は、インストールしましょう。

AndroidならGoogle Playストア、iPhoneならApp Storeから、インストールできます。

ANAアプリをインストールしたら、ANAマイレージ番号でログインします。

私はANAトラベラーズのツアー購入時にANAマイレージ番号を登録していたので、ログインしたら、すぐに搭乗予定便の情報が出てきました

オンラインチェックインの通知が来たら、ポチポチするだけでOK

搭乗時刻の24時間前になって、オンラインチェックイン手続きができるようになると、アプリに通知がきます。

オンラインチェックインは、ANAアプリからポチポチするだけでOK

簡単です!

ANAアプリを開くと、すぐに[オンラインチェックイン]ボタンがあります。

「チェックイン開始」状態になっていたら、オンラインチェックインできます。

まず、チェックインする便と対象者を選びます。

続いて、チェックイン内容を確認します。
座席変更やANAマイレージ番号の追加は、ここでできます!

内容を確認して、問題なければ、[内容を確認しました]にチェックを入れて、[チェックイン]ボタンを押しましょう。

これで、オンラインチェックインは完了!

私は、車いすサポートが必要な家族が一緒だったので、ここでエラーが出て完了できませんでしたが、オンラインチェックインが使える条件の人なら、これでモバイル搭乗券が使えるようになっているはずです。

オンラインチェックインがすめば、空港に行って、荷物を預けないならそのまま保安検査へGOできます。

やってみる前は「オンラインチェックインめんどくさい」と思い込んでいましたが、「それほど手間でもないかな」という感じでした。

荷物がなくて身軽だったら、SKIPサービスと同様にすぐに飛行機に乗れるなと思いました。

スポンサーリンク

オンラインチェックインが使えない場合

オンラインチェックインが使えない場合もあります。

  • 荷物を預ける以外で、必ずチェックインカウンターによらなければいけない場合
    • オンラインで予約情報が確認できない場合
    • 車いすサポートなど搭乗の手伝いが必要な場合
      (同行者がサポートが必要な場合も含む)
  • Peach便に乗る場合

です。

これらの場合は、スタッフの方がいるチェックインカウンターに行く必要があるので、オンラインチェックインはできません。

ちなみに、オンラインチェックインできない人が同行者に含まれている場合だと、ANAアプリ上で搭乗情報が確認できている状態だと、オンラインチェックイン開始の通知は来るし、オンラインチェックインボタンは押せるのですが、手続き途中でエラーが出て、オンラインチェックインが完了できないようになっていました。

オンラインチェックインが使えない場合は、どうする?

オンラインチェックインを利用できない場合は、チェックインカウンターに直行すればOKです。

本来はオンラインチェックインできるはずの人でも、何かしらエラーでオンラインチェックインができなかった場合も同じです。
チェックインカウンターに行きましょう。

搭乗チケットは、紙で発券して手渡してもらえます。

スポンサーリンク

ANAオンラインチェックインを利用する上で気をつけた方がよさそうなこと

途中までですが、ANAアプリでオンラインチェックインを使ってみて、気を付けた方がいいことをまとめました。

チケット購入時やANAトラベラーズでのツアー予約時にはANAマイレージ番号との紐づけをお忘れなく

まず、チケット購入時やANAトラベラーズでのツアー予約時に、ANAマイレージ番号と紐付けておいた方がよいです。

  • ANAマイレージ番号でログインしてから、購入手続きをする
  • 同行者の情報にもANAマイレージ番号を入力しておく

とすると、いいと思います。

チェックインは代表者が同行者分もできるけど、ANAアプリは搭乗者全員が持っていた方がよさそう

もう1つは、オンラインチェックイン手続きをしなくても、ANA便に乗る人全員がANAアプリを入れておいた方が便利ということ。

オンラインチェックインは、代表者がまとめてチェックインできます。

しかし、搭乗時にQRコードを1人1つ用意しないといけないので、全員がスマホアプリを持っていた方がいいのかなと思いました。

紙のチケットで乗る人でもANAアプリを使うメリットがあって、搭乗案内の通知が来ます。
空港内で別行動する場合でも安心かなと思います。

機内エンターテイメントや機内販売にも利用できるので、スマホを持っている人だったら、入れておいて損はないかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ANAのオンラインチェックインについてでした。

ANAアプリがあれば、意外と簡単にオンラインチェックインできそうです。

SKIPサービスと比べて、オンラインチェックインは乗る前にやること増えるし、ANAカードでちゃちゃっと乗れなくなるなら、めんどくさくなるなぁと思っていたのですが、そうでもなさそうでした。

むしろ、搭乗以外でもANAアプリが活躍する場面が多かったので、オンラインチェックインできなくてもANA便に乗るなら、ANAアプリを入れておくといいのかなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました