新しいフランチャイズの航空会社ができるらしい?「フィールエアホールディングス」

旅行情報

新しい航空会社の発表がありました。

その名も「フィールエアホールディングス」。

鳥取ガスの社長が設立、フランチャイズ化と、一風変わった航空会社になりそうです。

地域を結ぶ新しい路線ができそう!

フィールエアホールディングスについてです。

スポンサーリンク

フィールエアホールディングスってどんな航空会社?

フィールエアホールディングスは、2022年7月に発表された、新しい航空会社。

フィールエア(フィールエアのWebサイトより引用)

まだ、事業認可前なので、運航はしていません。
2024年春に向けて準備中です。

フィールエアホールディングス

「日本初の地域エアラインフランチャイズ」ということで、フィールエアホールディング傘下にいくつか航空会社ができるようです。

鳥取ガスの社長が設立、ということで、従来の航空会社とは独立した存在になりそうです。
航空エアラインには所属しな行きがします。

スポンサーリンク

全国に5つの航空会社をフランチャイズ。プロペラ機がメインになりそう

フィールエアの路線計画(フィールエアのWebサイトより引用)

計画では、日本を5つにエリア分け、それぞれホールディング傘下の航空会社を1つずつ作って、拠点空港とエリア内の空港を結ぶという方式になるようです。

  • 東日本エリア:2024年4月予定。成田が拠点。花巻、小松空港
  • 西日本エリア:2026年春予定。鳥取、米子、神戸空港
  • 中部エリア:2027年春以降予定
  • 北海道・東北エリア:2028年春以降予定
  • 九州エリア:2028年春以降予定

詳細な就航路線は、まだこれから

中部エリアは、就航空港は分かりませんでしたが、セントレア・小牧にもくるかもしれませんね。

比較的短い路線を運航するということで、メインの機材はプロペラ機になりそうです。

スポンサーリンク

まとめ

フィールエアについてでした。

まだちょっと先ですが、日本国内を結ぶ路線が増えそうですね。

ちょっと行きにくかった場所に行きやすくなりそうで楽しみです。

先に路線ができそうな新会社といえば、「トキエア」。

こちらは、新潟空港拠点の航空会社。佐渡へ行けるようになるかもです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました