台風14号の影響でフライトが欠航。さてどうしたもんか

旅ログ

秋の3連休からちょっとずらして、九州へ。

という予定が、残念ながら、フライトが欠航に。

一部だけ予定変更するか、リスケするか、全キャンセルするか。。

台風14号に翻弄されたお話。

スポンサーリンク

台風14号で九州旅行は取りやめ。

もうすぐ九州旅行!というところで、台風14号が近づいているという情報が。

発生当初はそれほど大きくなることもないかなと思ったら、超巨大台風に成長。
ルート的にも九州に当たりそうな予測に。

どうなるかなぁと思っていたら、案の定ANAから運航への影響情報が発表。
ANAアプリでも通知が来ました。

定期的にこの「台風14号による運航への影響」を見てはやきもきしていましたが、やはりといういうか、その後、欠航に。
残念無念。

欠航になっちゃったので、もろもろ変更しなければなぁと。
今回の旅行は、フライトと宿、レンタカーは別々に手配。

というわけで、フライトは変更か払い戻しへ。
宿やレンタカーは、フライトに合わせて一部変更やキャンセルすることに。

今まであんまり悪天候に巻き込まれることがなかったので、実は初めてのことでした。

スポンサーリンク

往路便の欠航で、復路便も変更・払い戻し可能に。

フライトは、ANA29のANA SUPER VLAUE SALEとSUPER VALUEで取ったチケット。
どちらも本来なら、[変更不可・払い戻しは有料]というチケット。

ただ、悪天候が理由なので、どんなチケットでも無料で変更・払い戻しOKに。

また、今回欠航になったのは往路便だけでしたが、復路便も変更・払い戻し対象になるんですね。

フライト予定日から10日以内に手続きが必要で、変更なら元のフライト予定日+30日後までの日程に変更できる模様。

とりあえず、すぐに手続きしなくても大丈夫そうということで、台風情報を見つつ、旅行をどうするかを思案。

台風通過後に残りの旅程で行くか、リスケするか、全キャンセルするか

旅行を全キャンセルして払い戻すか、前半キャンセルして台風通過するだろう後半から行くか、まるっとリスケするか。

ただ、台風14号がとにかく大きそう。

中日新聞の天気図

元々の予定日は全便欠航予定、翌日も全便欠航、台風通過後も被害が出ているかも?
そもそも、名古屋も危ないかもしれないし、九州が大丈夫になってもセントレアが欠航になるかもしれない。

と、いろいろ考えた結果、今回の旅行日程の宿やレンタカーはキャンセルして、フライトは保留することに。

ひとまず、キャンセル料が発生しそうな宿とレンタカーをキャンセル。

台風でフライト欠航ということでキャンセル料なしで予約取り消しできました。
宿は前日までキャンセル料なしプランで予約していたものの、レンタカーは既にキャンセル料が発生する日程だったので助かりました。

結果的に影響が長引いたのと、台風通過後風が強くて、移動が難しかったと思うので、今回の旅程はキャンセルして正解でした

スポンサーリンク

フライト変更するか、払い戻しするかは悩み中

さて残ったフライト。しばらくは迷う余地ありとは言えそろそろ変更するか、払い戻しをするか決めないといけない。

台風通過後の状況を見ていると、宮崎はかなり台風の影響があったよう。

特に行く予定だった高千穂峡はかなり被害が大きかったようで、木々が倒れていたり、遊歩道の一部が壊れてしまい、通行止めになっている場所があるよう。

台風14号による高千穂観光への影響(高千穂町観光協会のWebサイトより引用)

安く買えたチケットだったので、払い戻しにするのも何だかなぁ。

日帰りぶらりでもいいし、海岸線は問題なさそうなので、日南ドライブでもいいかなーと思いつつ、しばらく悩もうと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ちょっと残念な台風14号のお話でした。

復旧に時間がかかりそうだったり、また次の台風が来そうなので、フライトを変更するか、払い戻しするかは、悩み中。
期限ギリギリまで悩んでみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました