【スカイマーク】たす得運賃ってどんな運賃?10月29日までの搭乗分が発売中

旅行情報

各社、2022年夏スケジュールのチケット販売が随時解禁中。

スカイマークもスタートしました。

割引ありでも予約変更OKという「たす得」も販売されています!

コロナ時代に利用者にとってはうれしい運賃ですね。

スカイマークの「たす得」運賃についてです。

スポンサーリンク

2022年の10月29日までのたす得運賃発売中!

1月27日(木)から、スカイマークの2022年夏スケジュールのチケットが販売スタート!

たす得運賃も引き続き設定されています。

予約変更OKな割引運賃ということで、コロナ時代の飛行機移動でも使いやすい運賃です。

あんまり他の航空会社を見ても、割引運賃で予約変更が柔軟な運賃って少ないのかなと思います。

とはいえ、普通運賃に比べると、安い分制約はあります。

スポンサーリンク

たす得運賃とは?

たす得運賃は、

  • 設定がある便・座席数が限定。座席の残数によって値段が変動
  • 前日までに予約が必要
  • 予約変更は条件付きで可能
    有効期間中に同一方向・同一路線で「たす得」の空席があるときのみOK
  • 払い戻しは手数料が必要

という運賃です。

スポンサーリンク

残席数によって値段変動。普通運賃の70%以上の割引になることも

たす得は設定便が限定、となっているものの、ほとんど対象外の便はないので、あまり気にしなくてもいいかなと思います。

一方気にすべきは、たす得設定席の残数。
たす得運賃は、この席残数によって値段が変動します。

残数が多ければ安い、残数が少なければ高いということですね。

値段変動が結構あるので、人気の日程早い者勝ちです。

2022年夏シーズンの運賃例ですが、こんな感じで路線ごと・シーズンごとに設定されていてます。

たす得運賃のところを見ると、値段の刻みがありますね。
明確に残席が何席ならいくらという書き方はされていないですが、残席数によってこの値段の範囲を上下します。

2022年夏シーズンのたす得運賃例

たす得運賃の最高値だと、ほとんど普通運賃の値段と変わりません。

一方、最安値を見ると、かなり値段が設定されています。
だいたいどの路線も普通運賃の50~70%OFFになっています。

安いところだと70%以上の割引の路線もありました。

名古屋ー那覇線のハイシーズンだと、普通運賃が32,500円、たす得の最安値が8,300円なので、驚異の74%引きです。

同一方向・同一路線で「たす得」運賃の空席があれば予約変更OK

うまく行けばかなり安く予約できるのに加えて、予約変更できるというのが、たす得運賃の大きなポイントです。

ただし、予約変更には条件があります。

予約変更の条件は、

  • 予約便と同一方向・同一路線
  • たす得運賃で空席がある
  • 発券日から1年以内
  • 搭乗予定日前日まで

となっています。

同一方向・同一路線、というのは、発着空港が同じ条件ということ。

例えば、羽田→那覇の便を予約していたら、羽田→那覇であれば、便が変わってもOK。
ただし、那覇→羽田という逆方向はNGです。

払い戻しは手数料がかかる。予約した飛行機出発までに手続きすれば3,000円

たす得は払い戻しは、1人・1区間ごとに手数料がかかります。

  • 払戻手数料:いつでも500円かかる
  • 取消手数料:予約便の出発前なら2,500円、出発後は払い戻し不可

となっています。

なので、出発前なら3,000円で払い戻しできるということになりますね。

取消手数料は、出発予定日に近づくと段階的に高くなっていくイメージがありますが、たす得の場合は一律です。

どうしても予約変更の都合が付かず、払い戻しするにしても出発前であれば3,000円で済むならまだ傷口は少ないと思います。

搭乗日当日の変更は、空港で空席がある場合のみ&普通運賃との差額支払いが必要

搭乗日前日までだと、追加料金なしで変更できる「たす得」運賃ですが、当日変更する場合は、制約があります。

  • 空港で空席がある場合のみ変更OK
  • 普通運賃との差額支払いが必要

という条件付きで、予約変更OKとなっています。

予約変更できないわけではないですが、追加料金が発生してしまうので、割引運賃としてのメリットは減ってしまいます。

スポンサーリンク

たす得運賃はどんな時に使える?

たす得運賃のルールを見ていると、

  • 安くチケットを買いたいけど、予約変更する可能性がある
  • 予約変更するなら、1年以内には同じ路線に乗りそう

という時には使い勝手のいい運賃なのかなと思います。

旅行のほか、出張先でのビジネススケジュールによって戻り便を変更する、帰省の移動が家族の都合によって前後する可能性がある、という時に使えそうですね。

特に今だと、混雑状況のほか、コロナの状況を見つつ予定を変更することが多いと思うので、便利だと思います。

また、個人的には、ピカチュウジェットを乗るのに便利そうかなと思いました。

ピカチュウジェットを狙うにも便利そう

ピカチュウジェットは、ピカチュウだらけのスカイマークの特別塗装機。

2021年9月21日にセントレアに飛来したピカチュウジェット
ピカチュウジェット

あらかじめ運航情報が公開されているものの、早くても搭乗日前日の0:00にしか飛ぶ路線・便名が分かりません。

また、途中で運航予定が変わる可能性もあります。

前日までは予約変更できる「たす得」運賃でチケット予約だと、機材変更で乗れなくなっちゃった、、というようなリスクが減るのかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

スカイマークのたす得運賃についてでした。

結構使い勝手のいい運賃なのかなと思います。

残席数が多いほど安い=早めの予約が有利なので、気になる予定があったらまずチェックがおすすめです。

予約変更できるので、1年以内に乗る予定があればとっちゃうのもありかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました