JALの特典航空券2023年4月12日搭乗分から必要マイル数は増える?減る? | 今日もどこかに旅したい

JALの特典航空券2023年4月12日搭乗分から必要マイル数は増える?減る?

旅行情報

JALの特典航空券のルールが、2023年4月12日搭乗分から大変更。

いろいろルールが変わって、特典航空券に必要マイル数も変わります。

どれくらい増えるんだろう?減る部分もありそう

ということで、JALの特典航空券の現行ルールと新ルールでのマイル数を比較して、よりお得な発券時期について考えてみました。

ここでは、直行旅程で必要になるマイルを比較しています。

2023年4月11日搭乗分までの発券ルールを「現行ルール」
2023年4月12日搭乗分までの発券ルールを「新ルール」として記載しています。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

新ルールで必要なマイル数は?現行ルールのうちに予約した方がいい路線は?

2023年4月12日搭乗分からのJAL国内線特典航空券のルール変更が発表されました。

  • 基本マイルのゾーン設定と基本マイル数が変更
  • 「いつでも特典航空券」(固定マイル)が「特典航空券PLUSマイル」(基本マイル+PLUSマイル)に変更
  • ファーストクラスの特典航空券が発券可能に

と、特典航空券の発券に必要なマイル数と特典航空券の座席枠がないときに必要なマイル数が変更になっています。

2023年4月11日搭乗分までの発券ルールを「現行ルール」
2023年4月12日搭乗分までの発券ルールを「新ルール」として記載しています。

新ルールで特典航空券の発券ルール

新ルールでは、

  • 特典航空券の座席枠で空席があるとき:基本マイルで発券
  • 特典航空券の座席枠で空席がないとき:基本マイル+PLUSマイルで発券

することができます。

新しいルールで必要になるマイル数はこちら。

新ゾーン普通席
基本マイル
普通席
PLUSマイル
クラスJ
基本マイル
クラスJ
PLUSマイル
Fクラス
基本マイル
Fクラス
PLUSマイル
新A4,000~15,5005,000~16,000
新B5,000~18,5006,000~19,500
新C6,000~19,5007,000~20,00012,500~23,000
新D7,000~26,0008,500~27,500
新E8,000~33,0009,500~34,50016,000~33,000
新F9,000~37,50011,000~39,00018,000~37,000
新G10,000~43,00013,000~45,00020,000~50,500
新ルールで発券に必要になるマイル数
スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

新ルールで必要マイル数が増える路線は、現行ルールのうちに発券がお得

ルール変更で気になることは、「現行ルールのうちに発券した方がいい路線はどこ?」ということですね。

まず、ファーストクラスは現行ルールでは発券できないので、新ルール適用後以降にとなります。

普通席とクラスJの路線がどう変わるかですね。

現行ルールのうちに予約した方がいい路線はというと、当然ながら新ルールで必要マイル数が増える路線です。

  • 現新ルールの基本マイルの比較
  • 現行の「いつでも特典航空券」と新ルールのPLUSマイルを比較

をしてみました。

現行ルールのゾーン分けを基準に、新ルールで「どの路線が必要マイル数が増える?減る?」新ルールではどのゾーンになって、必要マイルはいくらになるかをまとめました。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現Aゾーンの路線は、必要マイルは増える?減る?

現行ルールのAゾーンは、1人1区間の特典航空券を

  • 普通席
    • 基本マイル:6,000マイル
    • いつでも特典航空券:13,000マイル
  • クラスJ
    • 基本マイル:8,000マイル(普通席+2,000マイル)
    • いつでも特典航空券:17,000マイル(普通席+4,000マイル)

で発券できるゾーンです。

この現Aゾーンの路線は、新A・B・C・D・Eゾーンに振り分けられます

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現Aゾーンは新A~Eゾーンに振り分け。新ゾーンでの基本マイルは?

現Aゾーンの路線の振り分けの新A・B・C・D・Eゾーンで設定されている基本マイルはこちら。

新ゾーン新・普通席
基本マイル
新・クラスJ
基本マイル
新A4,0005,000
新B5,0006,000
新C6,0007,000
新D7,0008,500
新E8,0009,500
新A・B・C・Eゾーンの基本マイル

普通席は4,000マイル~、クラスJは5,000マイルから発券できます。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現A→新ゾーンは、普通席は-2,000~+1,000マイル、クラスJは-3,000~+500マイル

現Aゾーンと新ゾーンで発券した場合の基本マイルの増減の変化は、以下の通り。

変更内容普通席
基本マイル増減
クラスJ
基本マイル増減
現A→新A-2,000-3,000
現A→新B-1,000-2,000
現A→新C± 0-1,000
現A→新D+1,000+500
現A→新E+2,000+1,500
現Aゾーンの基本マイルの増減

現A→新D・Eの変更は普通席・クラスJともに増額マイルなので、現行ルールのうちに発券しておいた方がいい路線です。

具体的な路線別の変動を見てみましょう

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現A→新ゾーンの路線別のマイル数変動

路線別のマイル数変動はこちら。

※*印はクラスJがない路線です。

ゾーン変更現A→新A現A→新B現A→新C現A→新D現A→新E
マイル増減普:-2,000
J:-3,000
普:-1,000
J:-2,000
普:± 0
J:-1,000
普:+1,000
J:+500
普: +2,000
J:+1,500
東京花巻、山形、名古屋秋田、小松、大阪
札幌函館、奥尻*女満別、青森、
利尻*、釧路、三沢
秋田、花巻
函館奥尻*
名古屋新潟、出雲、高知
大阪但馬*松本、隠岐、
出雲、松山
福岡、大分、
熊本、宮崎
徳之島
出雲隠岐神戸静岡
福岡松山、天草*、
宮崎、鹿児島
高知徳島、屋久島*
熊本天草
鹿児島種子島、屋久島*松山喜界島*、
奄美大島、徳之島
奄美大島喜界島、徳之島、
与論*
徳之島沖永良部
沖縄沖永良部*、
与論*、久米島
奄美大島、宮古北大東*、南大東*、
石垣
石垣宮古、与那国*
宮古多良間*
南大東北大東*
ゾーン変更による現Aゾーンの路線別マイルの増減

基本マイルだけで発券できる場合は、新ルールで発券した方がお得なゾーン変更が多いです。

その中で、

  • 大阪⇔徳之島
  • 出雲⇔静岡

は、マイル数が大幅アップするので、現行ルールのうちに発券しておいた方がいい路線です。

短距離路線が多い中で、隠れ中・長距離路線ですね。

各路線の必要マイル数はこちら。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現ゾーンAの新ゾーンでのPLUSマイルは?

現Aゾーンの変更先の、新A・B・C・EゾーンのPLUSマイルはこちら。

新ゾーン 普通席の
「いつでも
特典航空券」
新・普通席
基本マイル
新・普通席
PLUSマイル
クラスJの
「いつでも
特典航空券」
クラスJ
基本マイル
クラスJ
PLUSマイル
新A13,0004,000~15,50017,0005,000~16,000
新B13,0005,000~18,50017,0006,000~19,500
新C13,0006,000~19,50017,0007,000~20,000
新D13,0007,000~20,00017,0008,500~27,500
新E13,0008,000~33,00017,0009,500~34,500
現Aゾーンの「いつでも特典航空券」とPLUSマイル

PLUSマイル制度を使った場合の増減は、「いつでも特典航空券」と「基本マイル+PLUSマイル」を比較します。

「いつでも特典航空券」では、現ゾーンAは、普通席は13,000マイル、クラスJは17,000マイルで発券できます。

変更内容普通席の
「いつでも特典航空券」に±0
クラスJの
「いつでも特典航空券」に±0
現A→新A+9,000まで+12,000まで
現A→新B+8,000まで+11,000まで
現A→新C+7,000まで+10,000まで
現A→新D+6,000まで+7,500まで
現A→新E+5,000まで+6,500まで
「いつでも特典航空券」との分岐

「いつでも特典航空券」<「新・基本マイル+PLUSマイル」になるなら、今のうちに発券する方がお得です。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.
スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現Bゾーンの路線は、必要マイルは増える?減る?

現行ルールのBゾーンは、1人1区間の特典航空券を

  • 普通席
    • 基本マイル:7,500マイル
    • いつでも特典航空券:24,000マイル
  • クラスJ
    • 基本マイル:9,500マイル(普通席+2,000マイル)
    • いつでも特典航空券:28,000マイル(普通席+4,000マイル)

で発券できるゾーンです。

この現Bゾーンの路線は、新D・E・Fゾーンに振り分けられます

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現Bゾーンは新D~Fゾーンに振り分け。新ゾーンでの基本マイルは?

現Bゾーンの変更先の、新D・E・Fゾーンの基本マイルはこちら。

新ゾーン新・普通席
基本マイル
新・クラスJ
基本マイル
新D7,0008,500
新E8,0009,500
新F9,00011,000
新D・
新D・E・Fゾーンの基本マイル
スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現B→新ゾーンは、普通席は-500~+1,500マイル、クラスJは-1,000~+1,500マイル

現Bゾーンの新・ゾーンでの基本マイルの増減の変化は以下の通り。

変更内容普通席
基本マイル
クラスJ
基本マイル
現B→新D-500-1,000
現B→新E+500 ±0
現B→新F+1,500+1,500
現Bゾーンの基本マイルの増減

現Bゾーンは、増減あり。

特に現B→新Fに変わる路線は、現行ルールのうちに発券した方がお得です。

具体的な路線別の変動を見てみましょう

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現B→新ゾーンの路線別のマイル数変動

路線別のマイル数変動はこちら。

※*印はクラスJがない路線です。

ゾーン変更現B→新D現B→新E現B→新F
マイル増減普:-500
J:-1,000
普:500
J:± 0
普: +1,500
J:+1,500
東京函館、青森、三沢、
南紀白浜、岡山、出雲、
広島、徳島、高松、高知、
松山、大分
札幌、女満別、旭川、釧路、帯広、
山口宇部、福岡、北九州、長崎、
熊本、宮崎、鹿児島
奄美大島、沖縄
札幌仙台、山形、新潟松本、静岡*、名古屋、出雲、徳島広島、福岡
仙台出雲
静岡熊本*
名古屋福岡、山形、熊本釧路、帯広沖縄
大阪秋田、花巻、山形、仙台、新潟、
長崎、鹿児島、種子島、屋久島
札幌、旭川、函館、青森、三沢、
奄美大島、沖縄
女満別
福岡松本、静岡、奄美大島花巻、仙台、新潟、沖縄
鹿児島静岡*、沖永良部*、与論*
沖縄与那国*岡山小松
ゾーン変更による現Bゾーンの路線別マイルの増減

基本マイルでの発券は、現行ルールで発券した方がお得な路線と新ルールで発券した方がお得な路線と半々くらい。

その中で、

  • 東京⇔奄美大島、沖縄
  • 札幌⇔広島、福岡
  • 名古屋⇔沖縄
  • 大阪⇔女満別
  • 沖縄⇔小松

は、マイル数が大幅アップするので、現行ルールのうちに発券しておいた方がいい路線です。

沖縄・北海道路線が上がっていますね

各路線の必要マイル数はこちら。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現Bゾーンの新ゾーンでのPLUSマイルは?

現Bゾーンの変更先の新D・E・FゾーンのPLUSマイルはこちら。

新ゾーン 普通席の
「いつでも
特典航空券」
新・普通席
基本マイル
新・普通席
PLUSマイル
クラスJの
「いつでも
特典航空券」
クラスJ
基本マイル
クラスJ
PLUSマイル
新D24,0007,000~26,00028,0008,500~27,500
新E24,0008,000~33,00028,0009,500~20,000
新F24,0009,000~37,50028,00011,000~39,000
現Bゾーンの「いつでも特典航空券」とPLUSマイル

PLUSマイル制度を使った場合の増減は、「いつでも特典航空券」と「基本マイル+PLUSマイル」を比較します。

「いつでも特典航空券」では、現ゾーンBは、普通席は24,000マイル、クラスJは28,000マイルで発券できます。

変更内容普通席の
「いつでも特典航空券」に±0
クラスJの
「いつでも特典航空券」に±0
現B→新D+17,000まで+19,500まで
現B→新E+16,000まで+18,500まで
現B→新F+15,000まで+17,000まで
「いつでも特典航空券」との分岐

「いつでも特典航空券」<「新・基本マイル+PLUSマイル」になるので、今のうちに発券する方がお得です。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.
スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現Cゾーンの路線は、必要マイルは増える?減る?

現行ルールのCゾーンは、1人1区間の特典航空券を

  • 普通席
    • 基本マイル:10,000マイル
    • いつでも特典航空券:40,000マイル
  • クラスJ
    • 基本マイル:12,000マイル(普通席+2,000マイル)
    • いつでも特典航空券:44,000マイル(普通席+4,000マイル)

で発券できるゾーンです。

この現Cゾーンの路線は、新F・Gゾーンに振り分けられます

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現Cゾーンは、新F・Gゾーンに振り分け。新ゾーンでの基本マイルは?

現Cゾーンの変更先の、新F・Gゾーンの基本マイルはこちら。

新ゾーン新・普通席
基本マイル
新・クラスJ
基本マイル
新F9,00011,000
新G10,00013,000
新F・Gゾーンの基本マイル
スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現C→新ゾーンでの基本マイル増減は、普通席は-1,000~+1,000マイル、クラスJは-3,000~+500マイル

現Cゾーンの新ゾーンでの基本マイルの増減の変化は以下の通り。

変更内容普通席
基本マイル
クラスJ
基本マイル
現C→新F-1,000-1,000
現C→新G±0+1,000
現Cゾーンの基本マイルの増減

現Cゾーンは、増減あり。

現C→新Gに変わる路線のクラスJは、現行ルールのうちに発券した方がお得です。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現C→新ゾーンの路線別のマイル数変動

路線別のマイル数変動はこちら。

※*印はクラスJがない路線です。

ゾーン変更現C→新F現C→新G
マイル増減普:ー1,000
J:ー1,000
普: ± 0
J:+1,000
東京久米島、宮古、石垣
名古屋宮古、石垣
大阪宮古、石垣
ゾーン変更による現Cゾーンの路線別マイルの増減

東京・名古屋路線は、クラスJの発券なら現行ルールのうちに発券した方がいい路線です。

沖縄離島路線は、大阪は値下がりですね

各路線の必要マイル数はこちら。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

現ゾーンCの新ゾーンでのPLUSマイルは?

現Cゾーンの変更先の、新F・GゾーンのPLUSマイルはこちら。

新ゾーン 普通席の
「いつでも
特典航空券」
新・普通席
基本マイル
新・普通席
PLUSマイル
クラスJの
「いつでも
特典航空券」
クラスJ
基本マイル
クラスJ
PLUSマイル
新F40,0009,000~37,50044,00011,000~39,000
新G40,00010,000~43,00044,00013,000~45,000
現Cゾーンの「いつでも特典航空券」とPLUSマイル

PLUSマイル制度を使った場合の増減は、「いつでも特典航空券」と「基本マイル+PLUSマイル」を比較します。

「いつでも特典航空券」では、現ゾーンCは、普通席は40,000マイル、クラスJは44,000マイルで発券できます。

変更内容普通席の
「いつでも特典航空券」に±0
クラスJの
「いつでも特典航空券」に±0
現C→新F+31,000まで+33,000まで
現C→新G+30,000まで+31,000まで
「いつでも特典航空券」との分岐

「いつでも特典航空券」<「新・基本マイル+PLUSマイル」になる場合は、今のうちに発券する方がお得です。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

まとめ

JALの特典航空券の現行ルールと新ルールとで発券に必要になるマイル数についてでした。

ちょっとまだ見にくいのでアップデートしていこうと思います。

コメント