AmazonDriveが廃止になるらしい。ドキュメント類は待避を。

ブログ運営

AmazonDriveを開いたら、こんなメッセージが。

2023年12月31日でAmazon Drive が廃止になるらしい。

Amazon Photoに一本化するそうな

AmazonPrime会員だったら、追加料金なしで使えて便利だったクラウドストレージサービスでしたが、これからはフォトストレージのみになります。

AmazonDriveの廃止とスケジュールについてです。

スポンサーリンク

AmazonDriveが2023年12月31日で廃止になる。AmazonPhotoに一本化。

Amazonのクラウドストレージサービスである、「Amazon Drive」。

Amazon Prime会員だと、

  • 5GBのストレージ(ドキュメント類や動画)
  • 無制限のフォトストレージ

が無料で使えます。5GB以上は、月額使用料を払うと追加で利用することができます。

そのAmazon Driveが2023年12月31日で廃止になるとのこと。
Amazon Photoに一本化する方針のようです。

感覚的には、AmazonPhotoは、AmazonDriveのフォトストレージ部分のビューアー的な立ち位置だと思っていたのですが、AmazonPhotoの方が残るようです。

AmazonDriveとAmazonPhotoeは、写真のデータ保存という意味ではほとんど変わらないのですが、一部保存できないでーたがあるのと使える機能が違うので、使い分けしていた身としては痛いです。

スポンサーリンク

AmazonDriveに写真だけ保管していた人なら、AmazonPhotoでもそれほど困らない。

AmazonPhotoは、Amazonのフォトストレージ。

  • 無制限のフォトストレージ
  • 5GBのムービーストレージ(≒Amazon Driveの5GB枠)

をAmazonPrime会員は、追加料金不要で使えます。

AmazonDriveとAmazonPhotoとサービス名前やアプリ・Webは分かれていますが、データを保存している場所は同じ。

AmazonDriveに写真をアップロードしていた、という人は、AmazonPhotoのアプリやWebサイトに切り替えればOK。

写真を見るなら、AmazonPhotoの方が見やすいかなと思います。

また、過去AmazonDriveにアップロードした写真は、自動的にAmazonPhotoに保管されているので、AmazonPhotoのアプリやWeb上で閲覧・ダウンロードできるようになっています。

そのため、AmazonDrive上に保存した写真・動画類は、引き続きAmazonPhotoで利用可能ですが、それ以外の形式ファイルについては消えてしまう、ということになります。

スポンサーリンク

AmazonDriveにできて、AmazonPhotoにできないこと

AmazonDriveにできてAmazonPhotoにできないことというと、現段階だと

  • フォルダ分けができない
  • 画像形式・動画形式のファイル以外は保存・閲覧できない

というあたりかなと思います。

このあたりが気になる人は、別のクラウドストレージサービスを探したり、保存データを待避させるのがいいのかなと思います。

階層構造のフォルダ分けはできない。検索機能がイマイチ

「個人的にはこのフォルダ分けできない」というのが難点。

AmazonPhotoでは、時系列で写真がずらーっと出てくるのですが、検索機能がイマイチで、大量の写真から目的のものを探すのに苦労するので、AmazonDriveでフォルダ分けして整理して探しやすいようにしていました。

AmazonPhotoにもアルバム機能があるので、ある程度はグルーピングできますが、アルバムは階層構造にはできないので、完全にはAmazonDriveのフォルダの代用にはできなさそうです。

画像・動画形式以外のファイルは保存不可

また、それほど多くないですが、PDFやエクセル、テキストファイルのバックアップにAmazonDriveを使っています。

AmazonPhotoではフォトストレージなので、ドキュメント保存用に使うことができません。

また、動画類は5GB以上の保存だと有料になります。

AmazonPhoto 追加ストレージプラン

最小単位は100GB、以降1TB~10TBまで1TB単位、30TB、30TBまで追加できます。

スポンサーリンク

AmazonDriveの廃止は段階的。アップロードできるのは2023年1月31日まで

「いつまでにAmazonDrive上のデータの待避先を決めなければいけないの?」ということで、AmazonDriveの廃止スケジュールは、こちら。

  • 2022年10月31日以降:AmazonDriveのアプリ配布停止
    →この段階ではまだAmazonDriveのWebサイトは使える
     アプリで閲覧・アップロードできるかは不明
  • 2023年1月31日以降:AmazonDriveのWebサイトでのアップロード停止
    →AmazonDrive上のファイルの閲覧・ダウンロードは使える
  • 2023年12月31日:AmazonDriveの廃止。
    →AmazonDrive上のファイルの閲覧・ダウンロード全て停止

保存ファイルの待避は、AmazonDrive廃止となる2023年12月31日までにすればOK。

ただ、2023年1月31日以降に、アップロードができなくなってしまうので、代わりのサービスを探して使い始めるのは2022年以内に終わらせておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク

まとめ

AmazonDriveの廃止についてでした。

クラウドストレージは競合が多いので、使う人が少なかったんでしょうか。

AmazonPhotoは継続するので、写真類の保管は引き続き利用できます。
ドキュメント類の保管ができなくなるのと、写真を探しにくくなるので、要注意。

別サービスを探すなら、2022年中に動いておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました