ANAトラベラーズ利用者向けにPCR検査オプション開始。陽性だった場合のお見舞金も | 今日もどこかに旅したい

ANAのPCR検査オプション。ANAトラベラーズ利用者は陽性だった場合のお見舞金も

旅行情報

段々一般的になってきたPCR検査。

ANAはANAトラベラーズでオプションプランとして販売しています。

誰でも利用できる検査プラン
ANA国内線利用者は郵送検査が割引価格で受けられます

ANAのPCR検査オプション「PCR検査オプショナルプラン」についてです。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

ANAトラベラーズの「ダイナミックパッケージ PCR検査オプショナルプラン」は、搭乗前にPCR検査+陽性時の取消料補償サービス

ANAはANAトラベラーズで「PCR検査オプション」を提供中。

木下グループが運営する「コロナ検査センター」のPCR検査をオプションとして提供しています。

「PCR検査オプション」は、

  • ANA便利用者以外も申し込みOK
  • 旅行前に「コロナ検査センター」のPCR検査 または、郵送のPCR検査を受けられる
  • ANA便利用者、ANAトラベラーズ利用者は郵送PCR検査は特別価格
  • 陽性だった場合に、ANAのWebサイトからANAトラベラーズの商品を申し込んだ人はツアー取消料分の補償がある

というのがポイントです。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

「PCR検査オプション」を利用できる人と利用できる検査の種類

ANAの「PCR検査オプショナルプラン」のみで申し込むことができるので、基本的には誰でも申し込むことができます

ただし、ANAトラベラーズ利用者の場合は、いくつか条件があります。

  • 2021年3月10日(水)~2022年4月2日(土)に搭乗する人
    ※空港の検査センター利用の場合は2022年3月31日()までに搭乗する人
  • ツアー出発まで18日以上ある人

その他の人は、特に条件はないのですが、旅行に行く方は出発前に受けるのがおすすめです。

「PCR検査オプション」で受けられる検査は3種類。

  • 郵送PCR検査
  • PCR検査センターでのPCR検査
  • 羽田空港での抗原検査

利用するための条件や料金がそれぞれ異なります。

検査の種類利用可能な発着地検査条件
郵送PCR全地域
※北海道の一部、沖縄、離島を除く
ツアー出発日の6日前までに
検査キットを郵便で返送
PCR検査センター羽田/成田のみツアー出発日の2~4日前までの間に
来店検査
羽田空港羽田のみツアー出発の1時間15分前までに
来店検査
申し込める検査の違い

厳密には申し込み期限も異なるのですが、早いほうが安全なので、一律ツアー出発の18日前までと覚えておく方がよいです。

各検査方法の詳細です。

郵送PCR検査はほぼ全国どこでも利用可能

1番利用できる人が多いのが、郵送PCR検査。
郵送のPCR検査キットを使ったPCR検査です。

ANAの国内線利用者は、チケットのみの予約でもANAトラベラーズでのツアー予約でも特別価格で検査を受けることができます。

  • 費用:2,700円 + 送料360円
    ANA便利用者は、2,000円 + 送料360円
  • 限定条件:北海道の一部、沖縄、離島以外
  • 申し込み期限:ツアー出発日の18日前まで
  • 返送期限:ツアー出発の6日前まで

北海道は、札幌、函館、旭川に住んでいる方は利用可能とのこと。

PCR検査センター

「コロナ検査センター」のPCR検査は、指定の検査センターで唾液検体採取後、翌日24時までに検査結果が分かるタイプのPCR検査です。

  • 費用:2,500円
  • 限定条件:羽田・成田発着の利用者のみ
  • 申し込み期限:ツアー出発の20日前&検査の18日前まで
  • 検査:ツアー出発の2~4日前にPCR検査センターで来店検査

PCR検査は都内の「コロナ検査センター」に行って検査を受ける必要があるため、羽田・成田発着の人に限定されているようです。
検査センターは土日も営業しています。

羽田空港

羽田空港にあるPCR検査センターで検査するプランがこちら。

  • 費用:1,800円
  • 限定条件:羽田発着の利用者限定
  • 申込期限:ツアー出発の20日前&検査の18日前まで
  • 検査:ツアー出発の1時間15分前までに来店検査

1番ツアー出発ギリギリに検査できるのは、この検査です。
最新の状態が分かるのが利点です。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

検査で陽性だった場合は、取消フォームからキャンセルを。お見舞金として取消料を一部保証

検査して陽性だった場合は当然ながら、旅行はキャンセルする必要があります。

専用の取消フォームから手続きを行えば、

  • ANAトラベラーズのツアーのキャンセル
  • お見舞金の受け取り申請

の両方をまとめて行うことができます。

お見舞金の料金は、ツアーの取消料相当の額で上限は40%です。

ANAトラベラーズの取消料は、キャンセルタイミングによって異なります。

ANAトラベラーズの取消料
(ANAのWebサイトから引用)

旅行開始前日までに取り消せば、全額お見舞金として取料分を補償してもらえます。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

PCR検査オプショナルプランの申し込み方法と検査の流れ

PCR検査オプショナルプランの申し込みから、検査までの流れです。

まず、

  • ANA便または、ANAトラベラーズ利用者で、郵送PCR検査を申し込む場合

  • ANA便または、ANAトラベラーズ利用者で、検査センターまたは、羽田空港での検査を申し込む場合
  • ANA便、ANAトラベラーズ利用者以外

のばあいで大きく申し込み方法が違います。

ANA便・ANAトラベラーズ利用者が郵送PCR検査を申し込む場合

ANA便・ANAトラベラーズ利用者が郵送PCR検査を申し込む場合は、特別価格で検査を受けられるので、申し込み方法が異なります。

  • ANAのチケットのみ予約している人は、ANAの予約確認画面から
  • ANAトラベラーズで予約をしている人は、ANAトラベラーズの予約確認画面から

それぞれ郵送PCR検査を受けることができます。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

ANA便・ANAトラベラーズ利用者が検査センター・羽田空港での検査を申し込む、ANA便・ANAトラベラーズ利用者以外が「PCR検査オプション」を申し込む場合

ANA便・ANAトラベラーズ利用者の郵送PCR検査を申し込む以外のパターンは、すべてこちら。

検査する方法を選ぶ
→ANAトラベラーズでPCR検査オプショナルプランを予約
→ 詳細確認フォームを送信 → 検査センターで検査を実施

という流れになります。
1人のみの申し込みの場合は、詳細確認フォームの送信は不要です。

オプショナルプランの予約の部分だけ記載しています。

ANAトラベラーズでPCR検査オプショナルプランを予約

ANAトラベラーズのサイトでのPCR申し込み方法は2つ方法があります。

  • 航空券+ホテル+PCR検査オプショナルプランをセットで申し込む
  • PCR検査オプショナルプランのみ申し込む

どちらも「ダイナミックパッケージ PCR検査オプショナルプラン」のページから予約できます。

航空券+ホテル+PCR検査オプショナルプランをセットで申し込む場合

飛行機もホテルも検査も、丸っと全部申し込む一緒に申し込む方法です。

まずは、PCR検査方法を選んでください。

PCR検査の方法を選んだら、下にスクロールして、
「ご予約はこちら」の「PCR検査オプショナルプランと、国内航空券+宿泊をセットで予約する場合」から、ツアー検索を行います。

ちょっとPCR検査オプションを追加する場所がわかりにくかったので載せておきます
そのうち、オプションの項目に「PCR検査」が登場しそうですね

「フライト・ホテルを選択」はお好みで検索してください。
PCR検査の予約は「オプション選択」タブから選びます。

「オプション選択」に移動したら、「体験」のカテゴリの中から「観光・レジャー」を選びます。

PCR検査のオプションが出てきます。

お好みのPCR検査を選んでカートに追加してください。

こちらは「新橋検査センターで8:00-13:00」のプラン

PCR検査オプショナルプランのみ申し込む場合

PCR検査オプショナルプランのみ申し込む方法です。

  • ANA便には乗らないけれど、PCR検査を申し込みたい場合
  • ANAトラベラーズで予約は済んでいて、後からPCR検査だけ申し込む場合

はこちらです。

まず、検査方法を選びます。

オプショナルプランのみ申し込む場合は、
「ご予約はこちら」の「PCR検査オプショナルプランのみ予約する場合」から検索します。

都合のよい日程を選んで予約してください。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

まとめ

「ダイナミックパッケージ PCR検査オプショナルプラン」についてでした。

検査方法によって、利用条件が異なるので注意。
どの方法でも陽性だった場合のケアがあるのが特徴です。

国内線需要回復を見据えて、航空各社PCR検査のサービスを始めています。

今のところ、JALも国内線利用者向けにPCR検査を提供しています。

コメント