ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食

旅ログ

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食のレポートです!

宿泊プランは朝食なしだったのですが、宿泊者は予約なしで当日利用OKとのことだったので、行ってきました!

品数が多く、北海道料理や食材がふんだんに楽しめます。

スポンサーリンク

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食。豪華で種類豊富!

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食は、ホテル2Fのレストラン「ソルヴェール」。

ソラリア西鉄ホテル札幌のソルヴェール
ソルヴェール
ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食
  • OPEN:6:30~10:00 (L.O.9:30)
  • 宿泊者 \2,500
  • ビジター \3,000

ランチとバー営業の間は、宿泊者専用のラウンジとして利用できるようです。

朝食料金は、宿泊者\2,500。レストラン払いでも部屋付けでもOK。カードキーの提示が必要です。

ビジターは\3,000なので、500円宿泊者割引ですね。
毎日ホテルで朝食を取る予定なら、差額次第ですが、朝食付プランにした方がお得かなぁと思います。

部屋のテレビで、朝食会場の混雑状況を見ることができました。

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食混雑状況
朝食混雑状況

休日で札幌が混み合っている時だったので、どの時間帯も[混雑表示]になってしまっていましたが、閑散期だと空いている時間帯が分かるかもしれませんね。

レストラン内は横長に広くて、結構席数はあります。

8:15分頃に行ったときは、テーブルの準備で5分ほど待機ですぐに入れました。

9:30のラストオーダー過ぎの時間帯の写真なので、空席が多くなっています。

ところどころ、赤煉瓦風の壁が使われているので、旧道庁ぽい雰囲気ですね。

道庁側に大きく窓が取られてるので明るいレストラン。

ソラリア西鉄ホテル札幌のソルヴェールから見える風景
風景

特に窓際の席だと緑を感じられて、室内ですが開放感があって気持ちよかったです!

スポンサーリンク

北海道の料理・食材がいっぱいのビッフェスタイル

朝食は、ビッフェスタイル。料理を取るときは、マスク・手袋着用必須です。

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食ビッフェ
朝食ビッフェ

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食の特徴はというと、

  • 種類が豊富で、北海道の料理食材がいっぱい!
  • フレンチ要素や九州とのコラボあり
  • 料理ごとにアレルギー表示を掲示。料理の一言コラムも充実!

北海道の食材が新鮮でおいしい、ということもあるかもしれませんが、どの料理もおいしかったです。

そして、このホテルのらしさかなと感じたのが、フレンチと九州

料理長がフレンチの方、ソラリア西鉄ホテル札幌の大元の西鉄は九州の鉄道会社なので、このホテルならではのアレンジなのかなと思いました。

料理にプラス要素としてフレンチや九州スタイルを取り入れられるので、味の変化を楽しめると思います。

アレルギー表示が料理ごとに掲示されているので、アレルギー持ちの方もアレルゲンを避けて料理を選びやすいと思います。

おいしかった料理やご当地料理、ホテルならではの料理を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

ライブキッチン:「ホワイトフレンチトースト」

ホテル朝食で目玉となる、シェフが目の前で調理してくれる、ライブキッチン。

ソラリア西鉄ホテル札幌のライブキッチンは、「ホワイトフレンチトースト」。

白いフレンチトーストです。

ソラリア西鉄ホテル札幌のライブキッチン
ホワイトフレンチトースト

カウンターでオーダーすると、番号札がもらえて、焼きたて・仕上げ立てをテーブルまで運んでくださいます。

ソラリア西鉄ホテル札幌のライブキッチン
ライブキッチン

ハチミツやメイプルシロップのフレンチトースト違って、ちょっとミルキーな感じ。
ホワイトソースがお好きな方に合うフレンチトーストだと思います。

小さめなので、チャレンジしやすいです!
デザート代わりにもいいかも

スポンサーリンク

海鮮丼

人気料理の1つが。海鮮丼。

ソラリア西鉄ホテル札幌の海鮮丼
海鮮丼

海鮮丼の具材は、いくら、ホタテ、サーモン、カツオ、甘エビなどなど。
自分のお好みで盛り付けられます!

いくらもかけ放題!と太っ腹です!

いくらは減るのが早いですが、定期的に補充されているので、遅い時間に行ってもなくなっちゃう、ということはなかったです。

お好みの海鮮+ご飯+お醤油でいつもの海鮮丼もいいのですが、ソラリア西鉄ホテル札幌オリジナルなのは、洋風海鮮丼

お好みの海鮮+洋風酢飯+レモンやオリーブオイルでフレンチスタイルの海鮮丼も作れちゃいます。

ソラリア西鉄ホテル札幌の洋風海鮮丼
洋風海鮮丼

北海道に来て、もう海鮮丼は食べちゃった!という人や、連泊の人にも味変できていいと思います。

スポンサーリンク

夏季限定:メロン

海鮮丼よりも大人気だったのが、「メロン」。

メロンは朝食で年中食べられるわけではなく、夏限定の提供品だそう。
よく見る緑の果肉のメロンとオレンジの果肉の2種類が提供されていました。

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食メロン
メロン

夕張産や富良野産のメロンだそう。

緑のメロンもおいしかったのですが、特に味が濃くてジューシーでおいしかったのがオレンジの方のメロン

追加される度に瞬く間になくなってしまう、という超人気の品でした。

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食メロン
メロン

あまりにおいしかったので、メロンをJAで買って帰りました(笑)

とうきび

個人的に高ポイントだったのが、「とうきび」。
北海道弁で、”とうきび=トウモロコシ”ですね。

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食の焼きとうきび
朝食の焼きとうきび

ちょっと焦げ目を付けて焼いてあるとうきびで、塩とバター醤油が調味料として添えられていました。

そのままでもおいしかったですが、バター醤油がGOOD!

甘くておいしかったので、リピートしました!
フルーツ並の甘さなので、小さなお子さんでも食べやすいかなと思います。

スポンサーリンク

ザンギ・ジンギスカン

北海道の鶏の唐揚げ「ザンギ」。お隣には、「ジンギスカン」もありました。

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食のジンギスカンとザンギ
朝食のジンギスカンとザンギ

ザンギは、衣がカリッと、味もしっかりしていておいしかったです。

私は使わなかったのですが、ザンギの横には九州ご当地調味料の”ゆずすこ”が置いてありました!

豚ロース橘蒸し

他のホテルであまり見かけないなぁと思ったのが、「豚ロース橘蒸し」。

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食の橘蒸し
豚ロースの橘蒸し

橘蒸しは、柑橘の風味を付けて蒸した料理のことなんだそう。

柚子胡椒ポン酢も九州ご当地調味料ですね。さっぱりといただけました。

スポンサーリンク

スープカレー

北海道名物スープカレーもありました!

ソラリア西鉄ホテル札幌のスープカレー
スープカレー

海鮮丼を取ってしまったし、前日夜にスープカレーを食べたので、と、パスしてしまったのですが、カレーの香りに誘惑されました。

スープカレーは、焼き野菜とスープ部分を組み合わせて自分で作るタイプ。

ガラムマサラがあるので、自分で香辛料を調節できます。

サラダコーナーのアスパラやとうきびをプラスして、野菜たっぷりにするのもいいかもしれませんね

サラダコーナー

サラダコーナーも充実しています。

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食サラダコーナー
サラダコーナー

カツゲン

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食のカツゲン
カツゲン

カツゲンは、北海道ご当地乳酸飲料。全国区でいう、ヤクルトやミルミルなどに似た感じです。

飲み物は、他にジュースやウーロン茶、牛乳のほか、コーヒー、紅茶など。

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食のコーヒー・紅茶
コーヒー・紅茶

コーヒーはテイクアウトできるようになっていました。

スポンサーリンク

まとめ

ソラリア西鉄ホテル札幌の朝食レポートでした!

宿泊者2,500円・ビジター3,000円とちょっと料金高めの朝食ですが、種類も豊富で満足度は高めです。

何日間か連泊していても、毎日飽きないかなと思いました。

朝食を食べる回数にもよりますが、朝食付プランの方がお得かなと思います。

ソラリア西鉄ホテル札幌は、立地がよく部屋も広々として、快適でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました