シンガポールの免税手続きは?お買い物~還付手続きまで | 今日もどこかに旅したい

シンガポールの免税手続きは?お買い物~還付手続きまで

旅行情報

シンガポールの免税手続きについてです。

スポンサーリンク

シンガポールは、100シンガポールドルから免税OK

シンガポールでは、旅行者が免税対象の店舗で100シンガポールル以上お買い物すると、免税手続きを受けられます。

正式な名前は、TRS(Tourism Refund scheme、旅行者還付制度)。
電子システム化しているので、eTRSといいます

免税制度を利用すると、シンガポールの消費税 9%分のお金が戻ってきます。

シンガポールで免税を利用できる人・利用できる商品の条件は?

シンガポールで免税を利用できる人は、

16歳以上のシンガポール国籍以外の外国人旅行者
空路でシンガポールを出国する人
・フライトクルーはNG
・旅行者商品購入から2ヶ月以内に免税還付手続きをした人

なので、日本人旅行者は、大人であればほぼ対象になると思います。

免税対象になる商品は、免税対象店舗で購入した商品で、

1日に1店舗で100S$以上購入したもの ※税金含む・レシート3枚まで合算OK
・商用利用でないもの
・貨物便で送らないもの
・シンガポール滞在中に使用していないもの

と、自分用のものやおみやげは対象になります。

注意したいのは、未開封・未使用の状態で、自分でもって買える必要があること

免税対象の店舗には、目印のステッカーがあります。

シンガポールの免税対象店舗ステッカー(シンガポール観光局のWebサイトより引用)

このステッカーが店頭やお会計カウンターに掲示されているお店なら、OKです。

ポケモンセンターシンガポールも免税対象店舗。
免税手続きをしてきました!

スポンサーリンク

シンガポール免税利用の流れ

免税にするための手続きは、「買い物の会計時」と「出国前の空港」での2STEP。

大きな流れとしては、「お買い物時は税金含めてお買い物」→「後から税金分を還付」という流れです。

還付方法は、3つ。

①クレジットカード:カードの支払金額から税金分差し引き
②現金:シンガポールドルで税金分返金
③Alipay:中国籍の人のみ利用OK。アカウントに返金

またシンガポールに訪れる機会があるなら、現金受取もありかなと思いますが、予定がない場合は、クレジットカードが便利です。
カードで返金を受ける場合は、買い物の支払いと免税還付を同じものすると還付がスムーズだと思います。

私もクレジットカードで還付を受けました

免税手続きに必要なもの

免税を受けるのに必要になるものは、こちら。

必要になるもの

【買い物の会計時】
・パスポート
・入国カードのバーコード
・メールアドレス
・電話番号

【出国前の空港】
・パスポート
・クレジットカード
・店舗で発行してもらった免税書類+レシート

パスポートはコピーはNGで、原本が必要です

シンガポールの入国カードのメール
入国カードのメール

入国カードは、シンガポール渡航前にWeb申請したときのもの。
印刷した紙でも、申請後のメールでもOKです。

お買い物の際には、パスポート・入国カードをお忘れなく

スポンサーリンク

お買い物の会計時の手続き

まず、お買い物の会計時に「免税を利用したい!」と伝えます。

“Tax Free”だけでも分かると思いますし、”Can I use tax refund?”で通じます。

免税手続きと書類の発行

免税条件をクリアしていれば、店舗のスタッフが免税手続きに必要な手続きと書類を発行してくれます。

その際に必要になるのが、こちら。

必要になるもの

・パスポート
・入国カードのバーコード
・メールアドレス
・電話番号

パスポートはそのままスタッフさんに手渡しでOK。

入国カードはメールに添付されていたものを印刷していたので、紙で提示すると入国カードに記載されていたバーコードをスキャンされました。
メールでもいいと思います。

メールアドレスと電話番号は、「レシートの裏に書いてね」と言われました。

電話番号は日本の電話番号でOKです。
日本の電話番号だと、電話番号の先頭の「0」を取って、代わりに「+81」を付ければOK。

もろもろ手続きが終わると、レシートと免税書類をホチキス留めしたものを渡されました。

シンガポールの免税手続き書類
免税手続き書類とレシート

免税書類と言っても控えと明細といった扱いのようです。

この時点で、どれくらいお金が戻ってくるかチェックできます。

支払い金額と返金金額

サービス料(Service Fee)が引かれているので、実際に戻ってくる金額は、消費税分より少ないですね。

私の場合だと、5シンガポールドルでした

免税案内メールを受信

お買い物から1時間ほどすると、免税案内のメールが入国カードに登録したメールアドレスに届きます。

以下のアドレス・件名で、日本語表記のメールが届きました。

From:Global Blue <myrefund@refund.globalblue.com>
件名:アクションが必要です: 税金払戻しの申請に必要なステップ

シンガポールの免税案内メール
免税案内メール

メール本文の中には、アプリを入れて・・・と書いてありましたが、空港の端末の作業のみでOKでした

スポンサーリンク

出国前の空港で税金還付手続き

シンガポール出国前に空港で税金還付手続きをします。

荷物を預ける前に済ませてしまいましょう!

必要になるもの

★パスポート
・クレジットカード
・店舗で発行してもらった免税書類+レシート

必須なのはパスポート。

クレジットカードは、税金の還付先に必要なもので、現金で受け取る場合は不要です。
支払い時と同じクレジットカードだとスムーズです。

また、店舗で発行してもらった書類は念のための控えで、実際には使いませんでした。

GST Refundの端末で免税申請

空港に着いたら、まず「GST Refund」というコーナーを探しましょう。

チェックインカウンターがある出発ロビー階の出入り口側にあると思います。

T1だと出入り口近くにありました

シンガポール・チャンギ空港T1のGST Refund
T1のGST Refund

このエリアにある白い端末で手続きします。
端末はタッチパネル式。
多言語化対応していて、もちろん日本語にも対応しています。

端末の案内に沿って行けば、あまり戸惑うところはないですが、困った時のためにスタッフさんが1、2名常駐しているようでした。

空いてる端末の前に行ったら、パスポートを読み取って手続きスタート。

シンガポールの免税手続きのGST Refundの端末
パスポート読み取り口

端末の画面下のパスポート読み取り場所に、パスポートの顔写真ページを広げて入れます。
入れる向きは、顔写真部分が上向き、端末の奥側になる向きです。

パスポートを読み取ると、免税対象のお買い物の履歴が出てきます。

シンガポールの免税手続きのGST Refundの端末の対象の買い物履歴
対象の買い物履歴一覧

私の場合はポケセンの1つのみでしたが、複数店舗・複数日お買い物している人だと何行か表示されると思います

「払い戻し方法」を選びます。
クレジットカード、現金、Alipayの選択肢がありますが、Alipayは中国の方専用のようなので、日本人の場合は、クレジットカードか現金のみです。

シンガポールの免税手続きのGST Refundの端末の払い戻し方法選択画面
払い戻し方法選択画面

私はクレジットカードで還付を受けました

クレジットカード差し込み口に、払い戻しを受けるクレジットカードを差し込みます。
右下にある金属部分です。

シンガポールの免税手続きのGST Refundの端末
クレジットカード差し込み口

認証完了すると、返金額が表示されます。

シンガポールの免税手続きのGST Refundの認証完了画面
認証完了画面

品物によっては、税関カウンターで品物の提示が必要です。

特に何も表示がなければ、クレジットカード還付の場合は空港での手続きは完了です。

私の場合は金額が少ないせいか、提示必要とはなりませんでした。

右下の[終了]ボタンを押して終了です。

10分後くらいに承認メールが来ました

From:Global Blue <myrefund@refund.globalblue.com>
件名:通知:免税書類が承認されました

シンガポールの免税承認メール
免税承認メール

メール本文を見ると、「税関に行ってね」と書いてありましたが、白い端末で承認手続きまで完了しているので、出国してOKです。

チェックインカウンターで荷物を預けて、出国しました

クレジットカードの取引履歴で還付を確認 ※クレジットカード還付の場合

クレジットカード還付の場合は、後日取引履歴で還付されているか確認しましょう。

「10日以内に還付」と表示されていましたが、2日後には「GLOBAL TAX FREE PTE LTD SINGAPORE」から還付がありました。

シンガポールの免税還付履歴
免税還付履歴

その月の支払金額から、日本円換算した金額が差し引かれます

スポンサーリンク

まとめ

シンガポールの免税手続きについてでした。

結構簡単に免税手続きできました。

特にクレジットカードでの還付にしたので、飛行機に乗る前にちょっと端末で作業しただけ。

お得にお買い物できました!

コメント