シギラミラージュ「蜃気楼」の朝食レポート | 今日もどこかに旅したい

シギラミラージュ「蜃気楼」の朝食レポート

旅ログ

シギラミラージュ「蜃気楼」の朝食レポート。

2023年1月に「シギラ ベイサイドスイート アラマンダ」に宿泊した時の情報を元に記載しています。
本ページはプロモーションが含まれています。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

シギラミラージュ「蜃気楼」の朝食レポート

シギラミラージュの「蜃気楼」の朝食レポート。

2023年1月に父の誕生日記念で「シギラ ベイサイドスイート アラマンダ」に泊まってきました。

アラマンダでは、朝食を4つのレストランから選べます。

その1つがシギラミラージュの「蜃気楼」です。
シギラミラージュは、シギラリゾートのホテルの1つなのですが、アラマンダに泊まっても朝食利用できるんですね。

お値段はアラマンダ内のレストラン「マラルンガ」の朝食と同じです。
朝食としては高級価格。ビジター利用もできます。

JTBのふるさと納税を使って、JTBで朝食付プランで予約しました

アラマンダに連泊したので、「蜃気楼」のほか、アラマンダ内のレストラン「マラルンガ」やシギラリゾート内の「タートルベイ」でも朝食をいただきました。

「マラルンガ」の朝食の様子はこちら
「タートルベイ」の朝食の様子はこちら

公式WEB:https://shigira.com/hotel/allamanda

[広告・PR]
スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

シギラミラージュ「蜃気楼」

シギラミラージュ「蜃気楼」は、シギラリゾート内に建つレストラン。

アラマンダ内の建物内にはないため、「蜃気楼」で朝食を取るには、アラマンダから歩いて行くか、ホテルスタッフに送迎をお願いする必要があります。

送迎は、アラマンダのフロントでリクエストできます。
アラマンダに戻る時は、シギラミラージュのスタッフの方にお願いすると送迎車を呼んでいただけます。

混雑状況

8:00過ぎにシギラミラージュに向けて出発。

アラマンダのフロントでお願いすると、すぐに送迎していただけて、シギラミラージュの玄関前で下ろしてもらいました。

立派な玄関!シギラの玄関も豪華ですね。

シギラミラージュの玄関
シギラミラージュの玄関

この時間は、ゲストの到着がないからか、シギラの玄関は人通りなし。

こっちでいいよね?とちょっと不安になりながら、シギラミラージュの中へ。

中に入ると、ホテルスタッフの方が声をかけてくれました。

アラマンダに宿泊していて、「蜃気楼」に朝食を取りに来た旨を伝えると、「蜃気楼」まで案内してくれました。

改めて「蜃気楼」のスタッフに、アラマンダ宿泊であることと、部屋番号と名前を告げて席に案内していただきます。

シギラミラージュの「蜃気楼」の中
「蜃気楼」の中

席タイプ

レストランは、全席テーブル席。
テラス席もあるようでしたが、時期的なものなのか(冬季だった)、天候なのか(雨が降ったりやんだりしていた)、分かりませんがクローズしていました。

屋内の窓際の席に案内していただきました。

レストランの中に段差がある場所がありました。

ただ、ベビーカーの赤ちゃん連れのご家族がいらっしゃったので、気づかなかっただけでスロープルートがあったのかもしれません。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

会場内からの眺望

レストランからの眺望は、ゴルフ場ビュー。

朝から皆さんゴルフを楽しんでいらっしゃいました。

シギラミラージュの「蜃気楼」からの眺望
ゴルフ場ビュー

鳥も遊びに来ていました。

別の窓からは、タートルベイも見えました。

シギラミラージュの「蜃気楼」からの眺望
タートルベイが見える

海はタートルベイの向こうになるので、蜃気楼からは見えませんでした。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

「蜃気楼」の朝食メニュー

「蜃気楼」の朝食メニューは、和食。

特徴は、

  • 和食・沖縄料理の重箱2段。
  • 飲み物はフリードリンク。アルコール提供あり
  • アレルギー表示・英語メニュー表記あり

ホテル朝食では珍しく、ビュッフェスタイルではなく、重箱スタイルでした。
1つ1つが小鉢なので、それほど多くはないかなーと油断していたら、結構ボリュームがありました。

連泊で何日か蜃気楼で朝食を取った方々の会話が聞こえてきたのですが、毎日お重の内容が違ったそうです。

お重だとメニュー固定なのかなと思ったのですが、毎日楽しめそうですね。

それでは、内容を見ていきましょう!

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

一の重

一の重はこちら。

シギラミラージュの「蜃気楼」の朝食
一の重

宮古島の食材を使った小鉢料理です。紅型デザインの箱も素敵です。

二の重

二の重はこちら。八寸。

シギラミラージュの「蜃気楼」の朝食
二の重

焼き魚のお皿は、和食の八寸でもありそうな感じ。
沖縄料理の要素も取り入れられていて、軟骨ソーキの小鉢もありました。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

ご飯と鰹ちゅー汁

お重にご飯と汁物が付きます。

ご飯は、黒柴米と白米と選べて、黒柴米にしてみました。

シギラミラージュの「蜃気楼」の朝食
黒柴米と鰹ちゅー汁

黒柴米は、赤米+五穀米のような感じ。

汁物は、この日は鰹ちゅー汁(かちゅーしる)でした。

シギラミラージュの「蜃気楼」の朝食の鰹ちゅー汁
鰹ちゅー汁

鰹ちゅー汁は、沖縄のお味噌汁。
鰹ちゅー湯とも呼ばれることもあるようです。

鰹ちゅー汁については、説明がありました。

シギラミラージュの「蜃気楼」の朝食の鰹ちゅー汁
鰹ちゅー汁の案内

生卵は、ほぼ卵黄のみ。
卵酒ならぬ、卵味噌汁。

シギラミラージュの「蜃気楼」の朝食の鰹ちゅー汁
生卵入り

味噌は薄めなのですが、鰹出汁がきいていておいしかったです。

ご飯のお供

黒柴米だし、料理もいっぱいだし、とスルーしてしまいましたが、ご飯のお供もありました。

シギラミラージュの「蜃気楼」の朝食のご飯のお供
ご飯のお供

納豆と海苔がドリンクの影に隠れてひっそりと。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

飲み物

飲み物は、ソフトドリンクとアルコールがフリードリンク。

アルコールは、シャンパン。
席に着いてすぐ、シャンパンの確認があり、その後は都度スタッフに声がけでオーダーという形式だったようです。

我が家は下戸ばかりなので、もっぱらソフトドリンク。

シギラミラージュの「蜃気楼」の朝食のソフトドリンク
ドリンク類

ソフトドリンクは、壁際のドリンクカウンターからセルフで取る形式。

  • 冷たい飲み物
    • ジュース(シークヮーサー、オレンジ)
    • さんぴん茶、アイスコーヒー
    • 牛乳、ミネラルウォーター
  • 温かい飲み物
    • コーヒー(コーヒーメーカー)
    • 紅茶・フレーバーティー(ティーバッグ)

がありました。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

まとめ

シギラミラージュ「蜃気楼」の朝食レポートでした。

和食派の方におすすめの朝食です。

アラマンダ宿泊だと、シギラミラージュまで移動しないと行けないので、朝から移動が必要。

アラマンダの宿泊者は、「マラルンガ」や「タートルベイ」でも朝食を食べられます。

「マラルンガ」の朝食は、和食・沖縄料理メインの和洋ビュッフェが楽しめます。

「マラルンガ」の朝食の様子はこちら

「タートルベイ」は、洋食メイン。洋食アレンジした沖縄料理もあります。

「タートルベイ」の朝食の様子はこちら

2023年のお正月に宮古島に来たときは、サンタモニカで朝食付プランで泊まりました。

サンタモニカでは、多国籍料理が楽しめます。

公式WEB:https://shigira.com/hotel/allamanda

[広告・PR]

コメント