乾燥肌・敏感肌でも使える!保湿系の肌改善によさそう「LIHAW モイスチャーローション」 | 今日もどこかに旅したい

乾燥肌・敏感肌でも使える!保湿系の肌改善によさそう「LIHAW モイスチャーローション」

旅のアイテム
スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

LIHAW モイスチャーローション

化粧水がなくなったので、イオンをうろついていたときに見つけた「LIHAW モイスチャーローション」を買ってみました。

化粧水は、ビタミンC系と保湿系の2種類を使っているのですが、今回は保湿系のものを探していたところ見つけたのがこちら。

LIHAW モイスチャーローション
価格:\1,320
容量:500ml

[広告・PR]
LIHAW モイスチャーローション
LIHAW モイスチャーローション

「くり返す肌あれ・乾燥ダメージを防ぐ」とのことで、乾燥・アトピー肌でも使えそうだなということで選んでみました。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

LIHAW モイスチャーローションのスペック・レビュー

LIHAWのモイストローションの商品スペックと実際に使ってみた感想です。

使ってみた感じ、ボディ用によさそうかなと思いました。

乾燥肌の人、敏感肌の人、男性でも使いやすいかなと思います。

香りは好き嫌いがあるので、匂いが合わない人は使いにくいかなと思います。

容量・パッケージ

パッケージはシンプル。

LIHAW モイスチャーローション
LIHAW モイスチャーローション

シールは邪魔なので、そうそうにとっちゃった方がいいと思います。
跡残りなくペリッととれます。

容量は500mlと大容量。たっぷり使えます。

その分持ち運びには不向き。

容器はふたがパチッと止まるタイプ。ネジタイプではないです。

出し方がよくないのか、液切れが悪いのか、出すときに微妙にこぼれていることがあります。

プッシュ式のボトルに移し替えてもいいかなと思いました。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

色・香り

色は無色透明。
さらっとでもなく、とろっとでもなく、中間くらい。

香りは、少し独特。

「フレッシュハーバル」の香りとのことで、ハーブのような匂いがするので、好みが分かれると思います。

私はまあ好き、妹は嫌い、父は特にどちらでもない、という感じでした。

CICAコスメと似た香りなので、CICAの香りが平気な人は大丈夫だと思います。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

つけごこち

使ってしばらく経ちますが、顔・身体ともに肌トラブルは発生していません。

顔につけたときの第一印象は、あんまりすぐには浸透しないかも?という感じ。

ゆっくりなじんでいくような感じです。

直で付けた感じ、潤いは普通。ひりつきは感じませんでした。

導入化粧水やブースターを入れてから、この化粧水を入れた方がいいかもしれません。

一方、効果があったなと感じたのが、身体。

乾燥で肌荒れしていた部分が落ち着きました。

ボディ用化粧水にいいのかもしれないなと思います。

スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

LIHAW モイスチャーローションを買える場所は?

買える場所は、

  • ショッピングモールの化粧品売り場
  • ドラッグストア
  • LIHAWのオンラインショップ

など。

私はイオンで購入しましたが、他の場所でも見かけたことがあります。

オンラインショップは、楽天とアマゾンにLIHAWの公式ショップが出店していました。

LIHAW モイスチャーローション

コスメ

価格:\1,320 容量:500ml

買った場所:イオン
買える場所:ドラッグストア、イオン、オンラインショップなど

[広告・PR]
スポンサーリンク
You have been blocked from seeing ads.

まとめ

LIHAW モイスチャーローションについて、ざっと感想をまとめると、

特に乾燥や摩擦系の肌荒れ対策によさそう
大容量なのでコスパよし

と、バシャバシャ使うのに良さそうです。

高保湿!とうたうほど、保湿感は感じなかったですが、すぐ乾くという感じもないので、感じ方の問題かなと思います。

どちらかと言うと肌質改善系の化粧水なので、

美白やリフトアップ効果はなさそう
人によっては匂いが気に入らないかもなぁ

と感じました。

顔のケアとしては、これ1本だと物足りないかなぁという感じ。
他の化粧水や美容液と合わせて使うのがよさそうです。

[広告・PR]

コメント