JAL国際線タイムセールは、2月14日まで | 今日もどこかに旅したい

JAL国際線タイムセールは2月14日まで。国際線70周年記念セールでハワイが特別運賃

旅行情報

JALの国際線がお得になる、タイムセール。
コロナからの回復で、数ヶ月に1度開催されています。

2月14日まで、国際線70周年記念のタイムセールが実施中

JAL国際線タイムセールについてです。

本ページはプロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

JAL国際線タイムセール。燃油サーチャージ込みでセール。プレエコ・ビジネスクラス、ファーストクラスもあり

JALの国際線がタイムセール!

燃油サーチャージ込みでお得な値段になっています

予約期間:2024年2月8日(木)~2月14日(水)23:59
搭乗期間:2024年2月8日(木)~9月30日(月) ※路線により異なる
席クラス:エコノミー、プレエコ、ビジネス、ファースト
運賃クラス:路線による

9月末までの期間が対象になっています。

ということで、夏休み期間も含んでいます。

ハワイが特別価格、バンコクはなんとファーストクラス設定があります!

スポンサーリンク

燃油サーチャージ込みなのでお得。ただしほとんどは予約変更不可・払い戻し不可の運賃。

運賃はというと、燃油サーチャージ込みなので、結構お得な価格になっているかなぁと思います。

特に安いのは、ハワイ。国際線70周年の記念運賃です

ファーストクラス設定があるのも特徴

今回は、ハワイのみ国内線乗り継ぎ運賃無料設定あり
一部空港からは、追加料金で乗り継ぎ便の設定がありますが、地方空港利用者は別途国内線乗り継ぎのチケットを購入する必要があります。

目的地出発空港エコノミープレエコビジネスファースト
クラス
ハワイ東京・大阪・名古屋
※その他国内線乗り継ぎ区間無料
79,000円
Special Saver Z-72
Z:30%
159,000円
Special Saver E-72
E:70%
設定なし設定なし
グアム東京59,000円
Special Saver Q
Q:30%
設定なし99,000円
Special Saver I
I:125%
設定なし
ロサンゼルス東京・大阪・名古屋・
福岡・札幌・沖縄
120,000円
Special Saver Q
Q:30%
設定なし設定なし設定なし
ニューヨーク
サンフランシスコ
オーランド
バンクーバー
ダラス
東京・大阪・名古屋・
福岡・札幌・沖縄
140,000円
Special Saver Q
Q:30%
設定なし設定なし設定なし
ヨーロッパ:
ロンドン・パリ・
フランクフルト・
ヘルシンキ
東京・大阪・名古屋170,000円
Standard Z
Z:30%
350,000円
Standard E-JB
E:70%
550,000円
Standard X
X:70%
設定なし
シドニー・
メルボルン
東京・大阪・名古屋
【追加料金】福岡
125,000円
Standard Z
Z:30%
設定なし430,000円
Special SaverX
X:70%
設定なし
タイ:
バンコク
東京・大阪
【追加料金】名古屋・福岡
80,000円
Special Saver O-DI
O:30%
164,000円
Special-Saver E-DI
Z:70%
271,000円
Special Saver X-DI
X:70%
511,000円
Semi-Flex A-DI
A:150%
シンガポール東京
【追加料金】大阪・名古屋・福岡
80,000円
Special Saver O-DI
O:30%
164,000円
Special-Saver E-DI
Z:70%
271,000円
Special Saver X-DI
X:70%
設定なし
マレーシア:
クアラルンプール
東京
【追加料金】大阪・名古屋・福岡
100,000円
Special Saver O-DI
O:30%
設定なし271,000円
Special Saver X-DI
X:70%
設定なし
ジャカルタ東京
【追加料金】大阪・名古屋・福岡
111,000円
Special Saver O-DI
O:30%
設定なし271,000円
Special Saver X-DI
X:70%
設定なし
マニラ東京
【追加料金】大阪・名古屋・福岡
68,000円
Special Saver O-DI
O:30%
設定なし218,000円
Special Saver X-DI
X:70%
設定なし
インド:デリー東京
【追加料金】大阪・名古屋・福岡
106,000円
Special Saver O-DI
O:30%
239,000円
Special-Saver E-DI
Z:70%
370,000円
Special Saver X-DI
X:70%
設定なし
上海
※片道発券あり
東京
【追加料金】大阪、その他国内都市
※ビジネスは大阪が最安値
55,000円
Special Saver Z/O
Z:30% O:30%
設定なし99,000円
Special Saver X/I
X:70% I:125%
設定なし
北京
※片道発券あり
東京
【追加料金】その他国内都市
38,000円
Special Saver Z/O
Z:30% O:30%
設定なし109,000円
Special Saver X/I
X:70% I:125%
設定なし
広州
※片道発券あり
東京
【追加料金】その他国内都市
76,000円
Special Saver Z/O
Z:30% O:30%
設定なし137,000円
Special SaverX
X:70%
設定なし
大連
※片道発券あり
東京
【追加料金】その他国内都市
49,000円
Special Saver Z/O
Z:30% O:30%
設定なし120,000円
Special Saver X/I
X:70% I:125%
設定なし
香港東京
【追加料金】その他国内都市
62,000円
Special Saver Z
Z:30%
92,000円
Special Saver E
E:70%
178,000円
Special Saver X
X:70%
設定なし
台北東京
【追加料金】その他国内都市
46,000円
Special Saver Z
Z:30%
設定なし143,000円
Special Saver I
I:125%
設定なし
ソウル東京
【追加料金】その他国内都市
43,000円
Special Saver N
N:30%
設定なし93,000円
Special Saver I
I:125%
設定なし

前回セール時と比べると、

・追加:バンクーバー、ダラス、台北、ソウル
・除外:ハノイ
・ほとんどの路線が前回のセールよりは、値上がり
 安くなったのは、北米の一部・北京・大連のエコノミー、ハワイ・香港のプレエコ、上海・広州のビジネスくらい

という感じ。

燃油サーチャージ込みとはいえ、11月のときより燃油サーチャージが代が上がっている分が反映されているのかもしれません。

とはいえ、通常時より安いです。
ただし、安い分制約もあります

[広告・PR]

エコノミーは、マイル積算30%

エコノミーはほとんどの行き先は予約変更不可・払い戻し不可の運賃設定なので、要注意。

また、マイル積算は30%なので、低めです。

  • Special Saver
    マイル積算:30%
    予約変更:不可、払い戻し:不可

プレエコは、マイル積算70%

  • Special Saver E
    マイル積算:70%
    予約変更:不可、払い戻し:不可

ビジネスは、マイル積算70%~125%積算

今回は、ビジネスクラスの設定もあります。運賃種別は2つ出ていました。

  • Special Saver X→往復路線
    マイル70%積算
    予約変更:不可、払い戻し:不可
  • Special Saver I→グアム、中国片道路線
    マイル125%積算
    予約変更:不可、払い戻し:不可

ファーストクラスは、マイル積算150%積算

珍しいファーストクラスのセール運賃設定も。運賃種別2つ。

  • Special Saver A→サンフランシスコ
    マイル150%積算
    予約変更:不可、払い戻し:不可
  • Semi-Flex A-DI→バンコク、シンガポール路線
    マイル150%積算
    予約変更:可(無料)、払い戻し:可(有料:100,000円)
スポンサーリンク

修行向きの路線は?JGC修行なら長距離路線、FOPステイタスなら

JALの修行向きの路線はというと、JGC修行とFOPステイタス修行とで、変わってきます。

というのもJALのステイタスプログラムが変わって、JGCの入会条件が変わったから。

国際線のみで、JGC入会を目指す場合は、区間マイルで100,000マイル分登場の必要があります。
ということで、距離が長い路線か、安い路線が狙いですね。

一方、引き続きFOPステイタスプログラムは継続、ということで、FOPステイタスのランクアップを目指す場合は、コレまで通りのFOPが稼ぎやすい路線を狙えばいいかなと思います。

JALのFOP修行するのに、がっつり稼げそうな路線は、FOP倍ボーナスがある東南アジア・オセアニア路線で長距離&ビジネスクラスかなぁと思います。

行き先最低料金片道
区間
マイル
往復
区間
マイル
区間
マイル
単価
往復FOPFOP
単価
エコノミー:バンコク80,000円2,8695,72814.0円/BM2,58231.6円/FOP
エコノミー:シンガポール80,000円3,3126,62412.1円/BM2,98026.8円/FOP
エコノミー:クアラルンプール100,000円3,3456,69015.0円/BM3,01033.2円/FOP
エコノミー:ジャカルタ111,000円3,6127,22415.4円/BM3,25034.1円/FOP
エコノミー:ハワイ97,000円3,8317,66212.7円/BM2,29633.8円/FOP
エコノミー:ロンドン170,000円6,21412,42413.7円/BM3,72842.2円/FOP
プレエコ:バンコク164,000円2,8695,73814.0円/BM6,82424.0円/FOP
プレエコ:シンガポール164,000円3,3126,62412.1円/BM7,75621.1円/FOP
ビジネス:バンコク271,000円2,8695,73814.0円/BM6,82439.8円/FOP
ビジネス:シンガポール271,000円3,3126,62412.1円/BM7,75634.9円/FOP
ビジネス:クアラルンプール271,000円3,3456,69015.0円/BM7,82432.0円FOP
ビジネス:ジャカルタ270,000円3,6127,22415.4円/BM8,38632.3円FOP
ファースト:バンコク511,000円2,8695,73814.0円/BM13,71037.3円/FOP

マイル積算率低めの運賃が多いので、距離・FOPともにあまり効率がよい路線はありませんでした。

JGC修行のために、距離を稼ぐなら、ロンドン。ベースマイル単価的には、シンガポールやハワイがお得。

FOP修行だと、コスパと快適さのバランス的には、シンガポール・バンコクのプレコがよさそうかなと思いました。

バンコク・ファーストクラスはFOPががっつりかせげますが、お値段がお高いのでFOP効率的にはエコノミーと同じくらいになってしまいました。

ANAのタイムセールとの差は?JALの方が上位クラス多め

JALの国際線タイムセール期間中、ANAもセール実施中。

チケットだけで比べると、JALとANAは大体同じ値段感です

ざっくり比べたところ、こんな感じ。

JALANA
旅行期間2024年2月8日(木)~9月30日(月) 2024年2月22日(木)~7月17日(水)
国内線
乗り継ぎ
無料路線
ハワイのみなし
プレエコ設定ハワイ、ヨーロッパ、
バンコク、シンガポール、
デリー、香港
ハワイ
ビジネス設定グアム、ヨーロッパ、オーストラリア、
バンコク、シンガポール、
クアラルンプール、ジャカルタ、マニラ、
デリー、上海、北京、広州、大連、
香港、台北、ソウル
ハノイ、上海、北京、広州、大連
ファースト設定バンコクなし
価格が
有利な路線
ヨーロッパ、ニューヨーク、
バンコク、シンガポール、
デリー、台北
ハワイ(プレエコ)、
サンフランシスコ、ワシントンD.C、
クアラルンプール、ジャカルタ、
シドニー、
ソウル、大連、広州
独自設定
路線
グアム、ダラス、メルボルンワシントンD.C.、
ハノイ、ホーチミン、
ムンバイ

JALの方が、上位クラス多め。ファーストクラスはJALのみです。
また、グアム、ダラス、メルボルンは、JALのみの設定です。

日によって値段は変動するので、見比べてみるのがいいかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

JALの国際線のタイムセール情報でした。

超円安で日本人にとっては海外旅行は逆風が吹きまくっているので、少しでも安くチケットを手に入れたい物。

今回は、ハワイが目玉商品。
バンコクは、ファーストクラス設定があるのもポイントです。

全体的に前回セールより値上がりになってしまいましたが、燃油高傾向と旅行需要の回復のせいなのかなぁと思います。

国内線乗り継ぎ無料路線設定がない路線は、地方空港ベースの人にはプラス料金がかかります。

コメント