ANA SKYコインとは?ため方や使い道は?

ポイ活・マイル活動

ANAマイルをANA SKYコインに一気に交換!

SKYコインで全部まかなおう!ホテルもSKYコインで支払おうと思ったら、対象外でした。。。

改めて、ANA SKYコインの仕組みや使い道についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ANA SKYコインは?1コイン=1円で使えるANAで使える電子マネー

ANA SKYコインは、ANAの航空券・ANAトラベラーズで利用できるANAの電子マネー。

ANAマイルなどからSKYコインに交換することができます。
最大1マイル=1.7円の価値になるのと、ANAマイルの交換先として使いやすいです。

1SKYコイン=1円として使える
ANAのマイルや他社ポイントから交換できる
有効期限は、SKYコイン手にしてから1年間後の月末まで

JALのeJALポイントとほぼ同じ仕組み。違いは?

SKYコインは、JALマイラーの方にはおなじみのJALのeJALポイントと、ほぼ仕組みは同じです。

JALのeJALポイントと違うのは、

  • 他社ポイントからの交換でもたまる
  • ANAマイルからの追加交換でSKYコインの有効期限は延長できない

というところが違います。

スポンサーリンク

SKYコインの使い道は?

SKYコインの使い道はというと、ANAのWebサイトからの支払いに使えます。
1 SKYコイン=1円として、最小10SKYコイン=10円分から利用できます。

ただし、ANAのWebサイトからなら何でも使えるわけではなく、用途は限定されています。

使えるのはこちら。

  • ANAの国内線のチケット購入
  • ANAの国際線のチケット購入
  • ANA国内線ダイナミックパッケージ料金の支払い
  • ANA国内航空券なし現地参加プラン料金の支払い
  • ANA国際線ダイナミックパッケージ料金の支払い
  • ANA国際線パッケージ料金の支払い

ANAの国内線・国際線のチケット購入

SKYコインは、ANAの航空券の購入では、国内線・国際線どちらでも使えます。

航空券の購入に使う場合は、本人と特典利用者に登録した人チケットの支払いに限定されます。

特典利用者に設定できるのは、ANAマイレージ会員の配偶者と二等親以内の親族です。

SKYコインを持っている人が、ANAのWebサイトから予約した場合は、本人が旅程に含まれなくてもOK。
特典利用者に登録している家族だけが行く旅行にも使えます。

ANAのツアー料金の支払い

SKYコインでのANAのツアーの支払いは、ANAトラベラーズの商品に使えます。

  • 国内:ダイナミックパッケージと現地参加プラン
  • 海外:ダイナミックパッケージとパッケージツアー

一方、ANAトラベラーズの中で使えないのは、レンタカーやホテル、オプションサービス部分。

SKYコインで飛行機もホテルも全部まかなおう!と思ったら、ANAトラベラーズホテルは対象外でした。。。

種類ANA航空券ANAトラベラーズ
ダイナミックパッケージ
海外パッケージツアー
ANAトラベラーズ
ホテル・レンタカー
オプション
マイル×利用不可×利用不可1マイル=1円
1マイル単位
SKYコイン1コイン=1円
10コイン単位
1コイン=1円
10コイン単位
×利用不可
スポンサーリンク

ANA SKYコインをためるには?

ANA SKYコインをためる方法は、いくつかあります。

  • ANAマイルからの交換
  • アップグレードポイントからの交換
  • 他社ポイントからの交換
  • ANAのキャンペーンや提携サービス利用時のプレゼント

など。

いろいろありますが、メインの入手方法は、「ANAマイルからの交換」かなと思います。

スポンサーリンク

ANAマイル→SKYコインの交換ルールは?最大1マイル=1.7円の価値に

まずは、ANAマイルからSKYコインへの交換ルールについて見ていきましょう。

ANAマイル→SKYコインの交換ルールはこちら。

  • 交換レートは、「1マイル:SKYコイン=1:1
  • 交換は1マイル~、1マイル単位
  • 大量交換とANAのステイタスやANAカードの種類によるレートアップあり
  • 1ヶ月の交換上限なし
  • WEBで手続きしたら即時交換

「1マイルから交換できること」と、「レートアップがあること」がANAマイルからSKYコインへの交換ルートの特徴です。

お得に交換するなら、10,000マイル以上の交換がおすすめ

レートアップテーブルは結構細かく決まっているので、交換する前に交換シミレーションしておくのがおすすめです。

お得に交換するなら、

  • ANAのゴールドカード以上を持ってから交換する
  • ANAのステイタスを取得してから交換する
  • 一気に大量に交換する

のがおすすめです。

1番効率がよい交換は、「ANAブロンズ以上の人が50,000マイル以上を一気にSKYコインに交換するとき」で、交換レートは「1マイル:SKYコイン=1:1 → 1:1.7」にレートアップします

スポンサーリンク

アップグレードポイントからの交換

アップグレードポイントは、ANAステイタス会員の1年間の搭乗実績に応じて付与されるポイントのこと。

毎年1月~12月に獲得したANA便でのプレミアムポイントで計算、毎年付与されます

SKYコインに交換する以外にもANA便の席のアップグレードに使うという道はあるのですが、なかなか使いどころが難しく、SKYコインに交換することが多いんじゃなかなと思います。

ちなみに、アップグレードポイント→SKYコインの交換レートは、「アップグレードポイント:SKYコイン=1:1,000」です。

交換レートはかなり高いのですが、ANAのステイタスを持っていることが前提で、さらにANA便に結構乗らないと多くはゲットできないです。

スポンサーリンク

ANAマイル以外から交換できる他社ポイントは?

ANA SKYコインを入手する方法は、ANAマイルからの交換以外にもあります。

その1つが、ANAと提携している他社ポイントからの交換。
ANA SKYコインに交換できる提携ポイントは、15種類です。

クレジットカード系、企業ポイント系、ポイントサイト系と各種あります。

ざっと交換レートは以下の通り。
ただ、各ポイントの入手にかかるコストが違うので、一概に交換レートだけ見て良い悪いは言えないです。

SKYコインに交換できるポイント交換レート最小交換単位
セゾン 永久不滅ポイント1ポイント→4.5コイン200ポイント
フォートラベルポイント500ポイント→50コイン500ポイント
アプラス とっておきポイント1ポイント→5コイン200ポイント
エポスポイント1ポイント→1コイン1,000ポイント
ヤマダデンキポイント1ポイント→1コイン1,000ポイント
nanacoポイント500ポイント→500コイン500ポイント
JCB OKIDOKIポイント1ポイント→3コイン500ポイント
ANAダイナース会員
ダイナースクラブ リワードポイント
1,000ポイント→1,200コイン1,000ポイント
ANAダイナース会員以外の
ダイナースクラブ リワードポイント
1,000ポイント→400コイン1,000ポイント
Gポイント1ポイント→1コイン1ポイント
Pex1,000ポイント→100コイン1,000ポイント
ネットマイル1,000ポイント→500コイン1,000ポイント
JACAS ラブリィポイント3,000ポイント→3,000コイン3,000ポイント
ベネポ500ポイント→500コイン500ポイント
ライフカード サンクスポイント200ポイント→900コイン200ポイント
ANAアメックス・スカイトラベラーズカード
アメックス
1,000ポイント→1,000コイン1,000ポイント
ANAアメックス・スカイトラベラーズカード以外の
アメックス
3,000ポイント→1,000コイン3,000ポイント

この中でANAマイルに交換できないものは、ベネポのポイントのみです。

スポンサーリンク

まとめ

ANAのSKYコインの使い道やため方についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました